市営バスが狙われた!凶器はなんとサリン。


誰もがターゲットになる、恐怖に怯えるロサンゼルス市民!


次の事件を食い止めるのは、ホッチたちのプロファイリングにかかっている!


そしてクリマイらしい複雑な展開にもドキドキ~。


クリマイ11第2話「目撃者(The Witness)」のあらすじと感想です。



スポンサードリンク




「目撃者」あらすじ

ホッチナーたちのもとに、10分前にロサンゼルスで起きた事件の一報が飛び込んでくる。

市営の路線バスが毒ガス攻撃にあい、バスの運転手と乗客全員が死亡したのだ。


使用された毒ガスはサリンと判明、モーガンたちは2年前にシリアでもサリンが使われたということで、テロリストによる犯行と見る。

また、1995年に日本で発生した地下鉄サリン事件の事例も引き出し、カルト宗教による可能性も考えられた。


犯人はターゲットを無差別に選んで攻撃している可能性は高いが、ホッチナーはターゲットを特定されるのを避けるために、他人を巻き添えにしているかもしれないという予測を残す。



FBIロサンゼルス地方支分部局に到着するホッチナーたち。


ナタリー・コルファクス(Natalie Colfax)捜査官によると、カルトグループ支部の信者たちは、本家と距離をおいていると公式に宣言している他、アリバイがあるため、容疑者の線から外れた。


事件が起きたローガンパーク(Logan Park)バス停の一つ手前、ブライアーウッド(Briarwood)バス停では、全員が生存していたため、犯人は被害者の中にいるとルイスは指摘する。

しかし、コルファクスは、被害者たちから物質的な証拠はなかったという。



事件現場を検証するロッシとリード。

サリンの残留物が残っていたとされる証拠品を見たリードは、それが魚のフードフィーダーに似ていることに気がつく。


魚のフードフィーダーは、魚に自動的にエサを与えるために、ディスクが内蔵され、複数の溝にエサを分けて入れることができる。


ディスクを始動させておけば、決まった時間に決まった量のエサが出るようになっている。


サリンの危険性を考えれば、一つの溝にサリンを入れることが精一杯と考えたリードは、犯人はこのデバイスを6週間以内に仕込んでいる可能性が高いと指摘する。


犯行声明も出されていないこともあり、ホッチナーは今回の事件は大きな団体による犯行ではないと分析するのだった。


サリンを製造するには、個人レベルでは不可能なほどの大規模な施設などが必要となる。


犯人がサリンを入手した経路を見つけるため、近郊に住む薬剤師について調べていたガルシアは、ヨハン・ガイトマン(Johann Geitman)に注目する。


ガイトマンは勤務中にネットギャンブルをしていたことを会社側に知られ、2ヶ月前にクビになっていたのだった。SNSには会社への恨みを持っている投稿もしていた。



バス発着所の監視カメラを分析していたコルファクス捜査官は、不審な行動をする人物に注目する。
発着所の駐車場に車を停めているその人物は、バスが来てもそれに乗らず、バスに近づくものの再び自分の車に戻り、水で手や靴を洗っていたのだった。


車のナンバープレートから、その人物はチャーリー・セネラク(Charles Senarak)ということがわかる。
チャーリーは、バニング・メディカル・サプライ(Banning Medical Supply)という、医療用品メーカーの販売部門で働いていた。

妻も同じ会社で働いており、チャーリーの上司。
2人もバス通勤だが、その日はバスに乗っていなかったのだ。

ロッシとルイスはチャーリにインタビューをするが、チャーリーは自分は何もしていないと主張する。



チャーリーは何か隠していると直感したロッシだが、サリン攻撃の容疑者としては確信できないでいた。


その後、新たな事件が発生するが、被害者は行方を探していたガイトマンだった…


【犯人のプロファイル】
◯サリン攻撃の犯人は、(以前大きなカルト集団に属していたかもしれないが)一人または二人の地元出身テロリスト
◯動機は復讐かイデオロギーで表向きはイデオロギーによるものとしている

◯サリンを凶器に使い、それを時限装置で実行していることから、犯罪的に洗練されており、用心深く、また極度に我慢強い
◯アンサブの一人は30代後半から40代
◯テロリズムとしては控えめな攻撃の特徴から、2人のパートナーシップには亀裂が入り、計画の一部のみが実行されたと考えられる
◯サリンは古い備蓄品であることから、バス攻撃は威力を確かめるためのテストである
◯つまり、大規模なテロ計画がアンサブによって立てられていると考えられ、長期間アンサブを野放しにしておくと、計画を実行される恐れがある
◯犯人の次のターゲットは他の公共交通機関、空港、駅、バスターミナルの可能性がある。



スポンサードリンク








「目撃者」の感想

「あ~、犯人最初っからわかるパターンか」って、ずーっと信じてたけど、そんなことまったくなかったですね!

犯人は、意外なところから飛び出てきた、といった感じでしたが、本当にユーザーをあきさせないというか、脚本に深みがあって面白かったです。


凶器がサリンなので、登場人物が薬や医療絡みでみんな怪しく見えてしまいました^^;



冒頭で、穴を掘っているシーンがでてきましたが、忘れた頃にその意味がわかりましたね(;・∀・)


チャーリー役のティム・カン(Tim Kang)の熱演が印象に残りました!
初めは犯人とばかり思ってたので、「ヤなやつだな、ホッチ早く捕まえて!」なんて思ってたけど実はサリンの犯人は他にいた。

その頃から彼の演技で場面場面で感情移入がすごくできましたし、溺愛している娘さん大丈夫かな、とハラハラしたり。

最後は切なかったですけど、家庭問題で苦悩する一人の男性をよく演じてましたよね。


タラはBAUに参加して2話目ですが、すっかりメンバーに馴染んでいたので、スムーズにエピソードを楽しむことができました♪



Archie Sutton(アーチー・サットン)

インタビューした中で、一番異様だったシリアルキラーとしてタラが名前を挙げたのがアーチー・サットン。

まさか実在したシリアルキラーではないだろう、と念の為に探してみましたがやっぱり架空の人物のようですε-(´∀`*)ホッ


架空人物にしてはその異様さの描写があまりにも鮮明だったので、もしかしたらこの後のエピソードに出てくる?!というほど。


しかも、タラのお母さんとアーチーのお母さんが小学校時代の同級生だったという偶然。


同じ学校に通い、共通の趣味を持っていたにもかかわらず、一人はFBI捜査官の母親、もう一人はシリアルキラーの母親という、スペンサーも感じる世の中の不思議。

スペンサーとタラの会話が弾むきっかけにもなりましたし、エピソードの最後の機内での会話につながってるんですよね~。



なんかホッチにときめく

早い段階から、犯人は特定の人物をターゲットにしていたという見方を持っていたホッチ。


それが後でそうだとわかったときは


ホッチさすが☆(人´Д`)ポッ


さらに、狡猾な犯人に銃を向けたときのかっこよさと言ったらなかったですね~。


なんかすごく自信満々な犯人だったので、「絶対に計画成功させたくない><」とい気持ちもあったからかもしれませんが、今回のエピソードでは、なにげにホッチの素敵さが目立ちました。


相変わらず笑いませんが^^;



地下鉄サリン事件

1995年3月20日東京都の帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)起きた、同時多発テロ事件。


オウム真理教の開祖、麻原彰晃が首謀者となり、選ばれた信者が実行。信者たちはサリンが入った袋を持ち、千代田線(我孫子発代々木上原行)など命じられた列車に乗り込む。そして乗降口付近でサリンが入った袋を鋭利な先端を持つ傘で突いて穴を開け、そのまま下車しました。


この事件で13名が犠牲となり、麻原を始め事件に関連した幹部や信者が逮捕されました。


麻原は死刑判決を受けて現在も服役中です。


オウム真理教は、国内だけでなく、海外にも支部を持っていましたよね。
米国にも進出し、1987年にニューヨーク支部を設立しています。


シリア ダマスカスでのサリン攻撃

地下鉄サリン事件の他にサリンを使った事例として挙げられたのが、シリア軍によるダマスカスの化学兵器攻撃。

2年前ということなので、2013年のことだと思います。


ニューズウィークJAPANによると、2013年8月にサリンを使った攻撃が起き、一般市民数百人が犠牲になりました。

シリアの子供たちは、何度化学兵器で殺されるのか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトシリアの子供たちは、何度化学兵器で殺されるのか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


ボストンマラソン爆弾テロ事件

マサチューセッツ州ボストンで2013年4月15日に起きた爆弾テロ事件。
開催中のボストンマラソンゴール付近で2度爆発が起こり、3名が死亡、282名が負傷しました。


その後犯人は、チェチェン出身で米国に移民した、メルラン・ツァルナエフとジョハル・ツァルナエフの兄妹と断定し、行方を追います。


兄弟はマサチューセッツ工科大学の警備警官を射殺し逃走を続けますが、激しい銃撃戦で兄は死亡、弟は事件からおよそ4日後に、逮捕されました。


この事件で弟のジョハルは、2015年死刑判決を受けました。




スポンサードリンク

スポンサードリンク

↓記事が楽しかったら、ポチッとお願いします┏O)) ↓

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

↓この記事の共有やブックマークはご自由に↓