廿日市女子殺人事件の動機が腑に落ちません。


14年という長い年月の末に逮捕された廿日市女子殺人事件の犯人、鹿嶋学容疑者。

廿日市市女子殺人事件 逮捕



警察の取調に対して鹿嶋容疑者は容疑を認めていますが、犯行の動機を「たまたま」と供述しているというのです。


その日学校が早く終わって、いつもより早く帰宅した被害者を狙っていること
被害者を何回も刺していること

ということを考えると、どうしても動機が「たまたま」とは考えにくいんですよね。


鹿嶋容疑者の動機は本当に「たまたま」だったのでしょうか。


廿日市女子殺人事件の犯人が起きた経緯や犯人像など、これまで報道された情報をもとに、本当の動機について考えてみたいと思います。



スポンサードリンク



廿日市女子殺人事件の概要

廿日市市女子殺人事件とは
出典



2004年10月5日午後3時ごろ、広島県廿日市市の自宅で女子高生北口聡美さん(当時17)が刺されるという事件が発生。

北口さんは学校から帰宅後、仮眠すると家族に告げ、離れにある自分の部屋で休んでいました。


家には北口さんの祖母と妹がいましたが、突然北口さんの悲鳴が聞こえ、離れに駆けつけます。

そして玄関に血まみれになって倒れている北口さんを発見。そのそばにはナイフを持った男が立っていました。


男は2人の姿を発見すると、祖母に襲いかかり背中や腹などを刺して逃走。

妹は近所に逃げ込み無事でした。


北口さんと祖母の2人は病院に搬送されましたが、北口さんは出血多量のため死亡、祖母は一時重体でしたがその後回復しました。


北口さんの体には、首や胸など10箇所以上の刺し傷があったということです。


なお、事件現場には犯人のものとみられる指紋や足跡が残されていました。



鹿嶋学容疑者逮捕

鹿嶋学 逮捕
出典


広島県警は、犯人が履いていた靴や似顔絵を公開するなどして捜査を進めてきましたが、犯人特定には至らず、14年の月日が流れてしまいました。


ですが、2018年4月13日、事件は急展開を見せます。

暴行容疑で山口県で逮捕された鹿嶋学容疑者のDNAと指紋が、北口さんの自宅に残されたものと一致したのです!


逮捕された当時鹿嶋容疑者は35才なので、事件を起こしたときは21才。


余談ですが
北口さんの祖母と妹、そしてテレビで元FBIが鑑定した犯人像も「犯人は20代」としていましたが、本当にそうでしたね。


そして、顔にニキビの跡があるなど当時の似顔絵と鹿嶋容疑者はびっくりするくらい似ています!



【公開された犯人の似顔絵】
廿日市市女子殺人事件 犯人像
出典



【逮捕された鹿嶋学容疑者】
鹿嶋学 画像
出典



鹿嶋容疑者は高校卒業後山口県長門市にある金属加工会社に就職しますが、数年後退職。

退職後は実家のある山口県宇部市に戻っていました。


そして再び家を出ますが、鹿嶋容疑者の家族が言う「空白の1年」に、鹿嶋容疑者は事件を起こしました。


事件後宇部市にある建設会社に就職。


2018年4月3日、会社の同僚の態度に腹を立てて尻を蹴ったとして山口県系に逮捕されます。


そのときに採取された指紋と、北口さん宅のドアノブについていた指紋が一致

さらに採取されたDNAが北口さんの爪の間に発見された残留物が一致

したため、4月13日、広島県警は鹿嶋容疑者を殺人容疑で逮捕しました。

鹿嶋学 経歴
出典



動機は「偶然見かけて」

廿日市市女子殺人事件 動機
出典



報道によりますと、逮捕された鹿嶋容疑者は容疑を認め、取り調べにも素直に答えているということです。


鹿嶋容疑者は、犯行の動機について「(北口さんを)たまたま見かけて」だったとしています。

高2殺害「たまたまだった」 2004年の事件の容疑者:朝日新聞デジタル高2殺害「たまたまだった」 2004年の事件の容疑者:朝日新聞デジタル 


鹿嶋容疑者はバイクで廿日市市に入り、走っているときにたまたま北口さんを発見。


後をつけて家の中に侵入、犯行に及んだというのです。


鹿嶋容疑者は住民票を広島県にうつしたことはなく、北口さんを以前から知っていたという可能性は極めて低そうです。


2004年といえば、まだネットも今ほど普及していませんし、始めから北口さんをターゲットにしていたとは考えにくいですよね。


でも、「誰でも良かったのか?」「衝動的だったのだろうか?」という疑問は残ります。



スポンサードリンク




動機が腑に落ちない

鹿嶋容疑者 動機
出典


鹿嶋容疑者は、北口さんの姿を見つけて後をつけ、家に侵入したと言っていますが

○北口さんを執拗にナイフで刺している
○逃げる北口さんを玄関まで追って刺している
○いつもより早く帰宅した北口さんを狙っている

ということを考えると、どうしても行き当たりばったり、ということに疑問が出てきます。


執拗に北口さんを狙っているのは、以前から恨みや憎しみをつのらせていたいたのかも、という印象を受けます。


また、いつもと違った行動をしていたことも知っていたのは、以前から北口さんを見ていた?


ということも考えられるからです。



鹿嶋容疑者の本当の動機は?

その後の捜査で鹿嶋容疑者は、犯行の動機が「わいせつ目的」とにおわす供述をしていることがわかりました。

「自宅に向かう姿見かけ、後つけた」…高2殺害 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)「自宅に向かう姿見かけ、後つけた」…高2殺害 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 


なるほど。

本当の動機はここにあったようです。


ナイフを持って廿日市市にでかけた、というのがひっかかりますが、鹿嶋容疑者と北口さんに接点がまったくなかった、を前提とすると

わいせつ目的で物色していたら「たまたま」北口さんをみつけた。

そして、後をつけて家に侵入し騒がれたので、怒りがこみ上げてナイフで刺した

と考えられます。


計画性を否定するために「たまたま」ということを言ったのかもしれませんが、ナイフを携帯している時点で何かしら計画はあったのではないでしょうか。



同居していた鹿嶋容疑者の父親は、鹿嶋容疑者の部屋にはほとんど入ったことがないと取材に答えていました。

04年高2刺殺:容疑者「事件後も仕事へ」 同居父、謝罪 - 毎日新聞04年高2刺殺:容疑者「事件後も仕事へ」 同居父、謝罪 – 毎日新聞 


もしかしたら以前から女性を狙おうと妄想を膨らませていたかもしれませんよね。


犯行に使ったナイフを未だ持っているというところに何か異常さを感じます。


それに、態度にムカッときてケリを入れたり、抵抗されてナイフで何度も刺すなど、怒りを爆発させるタイプのようですし。


もしかしたら真の動機は、鹿嶋容疑者のもっと深いところにあるかもしれません。


事件当日、北口さんはテストでたまたま学校が早く終わり、いつもより早めに帰宅しました。


もし、いつもと同じ時刻に学校が終わっていたら…


本当に不遇としか言えません。


現時点で鹿嶋容疑者の本当の動機は「わいせつ目的」ということですが、まだまだ不明な点はいくつかありますよね。


これから明らかになっていくことを望みます。



今回は、ということでした!








参考サイト:
https://mainichi.jp/articles/20180416/k00/00m/040/144000c
https://mainichi.jp/articles/20180416/k00/00m/040/040000c#cxrecs_s
https://mainichi.jp/articles/20180414/k00/00e/040/271000c
https://www.asahi.com/articles/ASL4G5Q3JL4GPITB016.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%BF%E6%97%A5%E5%B8%82%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%AB%98%E7%94%9F%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180414-OYT1T50087.html
http://www.hochi.co.jp/topics/20180414-OHT1T50037.html
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180416-OYT1T50025.html
https://www.sankei.com/west/news/180416/wst1804160011-n1.html
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29421790W8A410C1AC1000/