富山県で発生した、交番襲撃事件。

「え、こんな物騒なこと起きたの?!」と、報道を聞いたときはびっくりしましたよね。

富山交番襲撃




男が交番を襲撃して銃を奪い、その銃で警備員に発砲、この事件で銃を奪われた警察官と警備員が亡くなくなるという、なんとも痛ましい結果になりました。



物騒な事件ですよね。

亡くなった警備員は、小学校の正門付近で警備にあたっていたところを襲われましたが、もしかしたら、小学校にも被害が広まった可能性もあるかと思うと、本当にゾッとする事件です。



男は逮捕され、現在は治療を受けているということですが、段々とその素性が明らかになってきています。



ところで、報道では、元自衛官という見出しがやたら踊っているのですが、事件を起こした理由は職業云々よりも、本人の凶暴な性格が関係していると思います。



スポンサードリンク



島津慧大容疑者について

逮捕された男は、富山県立山町末三賀に住む、島津慧大(けいた)容疑者(21)。

島津慧大容疑者
出典


島津容疑者は、2018年6月26日の午後2時頃、富山中央署奥田交番の裏口のドアを激しく叩き、対応した稲泉健一警部補(46)を、持っていた刃物で刺し、拳銃を奪い、逃走。


島津容疑者が稲泉警部補を襲った時、交番には警察相談員がいましたが、無事でした。
相談員は事件が発生してすぐに110番通報したということです。


その後、島津容疑者は、近くの奥田小学校に向かい、そこで警備員の中村信一さん(68)に向かって発砲。
中村さんはその後死亡しました。

中村さんは、学校の耐震工事のため、車両を誘導していたところを襲われたということです。


稲泉警部補が襲われた交番と、小学校は、100メートルしか離れていないんですね。

富山 殺人事件 地図
出典


どちらも始めから狙っていたのか、それとも小学校が最終的なターゲットだったのでしょうか。



小学校に駆けつけた2人の警察官は、前庭にいる島津容疑者に向かって、ナイフをおくように警告しますが、容疑者は警察官に向かってきたため、拳銃を1発ずつ発泡、ようやく身柄を確保しました。



島津容疑者は腰に銃弾を受けて、治療中とのこと。

意識はあるということですが(一分情報では心肺停止とも)、内臓破裂の重体です。



小学校付近で島津容疑者に遭遇したというある目撃者は、容疑者は「どこ見ているかわからないような感じで通り過ぎていきました」と証言していますが、

富山交番襲撃 目撃者
出典



これだけの事件を起こすくらいですから、普通の様子ではないというのはわかりますが、思考回路が停止して、怒りに任せるかのように行動していたのかもしれませんね。



島津容疑者は元自衛官

報道によりますと、島津容疑者は、18歳の時に自衛隊に入隊しました。


地元の広報誌に当時載った写真。

島津慧大 自衛隊
出典


メガネを掛けているのが島津容疑者ですが、自衛隊入隊予定者として、町役場が行った激励会に参加しました。



陸上自衛隊によると「同姓同名で年齢も同じ人物が2015年3月から2017年3月まで2年間在籍」していたということですが、島津容疑者本人でほぼ間違いないでしょう。


島津容疑者の前に「元自衛官」とついていますが、勤務したのは2年ほど。


犯行直前までファーストフード店で働いていたと言うので、やたらに「元自衛官」を見出しに使うのはやめてほしいですよね。


自衛官、自衛官と言うと、その職業がまるで事件に大きく影響しているようかに捉えられてしまうので。



島津容疑者は切れやすい性格だった?

島津容疑者は、両親と姉の4人で、立山町末三賀の自宅で暮らしていました。


地元の小学校を卒業後、地元の立山町立雄山中学校に進学しますが、中学校3年生になったころから不登校に。


その後高校にも進学せず自衛隊に入隊するまではバイトをしていたということです。


自衛隊入隊後は親元を離れて陸上自衛隊金沢駐屯地に勤務、退職後は再び両親と同居。

ファストフード店でバイトしていましたが、事件当日も働いていて、途中で仕事を抜け出して事件に及んだということです。



中学校の同級生が「島津容疑者が誰かと話をしていたことを見たことがない」というほど、周囲から孤立していたようです。

また、「口は出ないけど手は出る」という話もあるように、暴力的な一面もあったようです。


いつもポツンと1人という感じで存在感がないタイプだった。中学2年くらいから不登校で親ともよく喧嘩をしていた。学校でも、軽く冗談を言われたくらいでも急にブチ切れて同級生になぐりかかったり、何をするのかわけわからんから、みんな近づかないようにしていた。最近になって自衛官になったとか聞いてはいたが、あいつが勤務して大丈夫かと、昔の友人らと言っていたら、こんな事件が起こった。お父さんは確か、PTA役員などもやっていて、キチンとした人だった(出典



家庭内暴力があったということが、近所の人達からささやかれていました。


容疑者の親族の話もあります。

昔から両親とは折り合いが悪く、中学くらいになると家庭内暴力が頻繁にあって何度も家にパトカーが駆けつけ、大騒動になっていた。顔が腫れたお母さんが警察官に謝ったり、島津容疑者が警察から羽交い締めにされ、とめられたりしていた。小さい時は、大人しく、挨拶もキチンとできる子だった。家庭内暴力は中学くらいからかな。高校は行かず、バイトなどしていて、18歳で自衛隊に入った。これでちゃんと社会人になってくれたらと家族は喜んでいたが。自衛隊でも気に入らないことがあったと、人を殴り、辞めざるを得なくなったそうです。お父さんもガッカリしていた。しばらく引きこもっていたようだが、数カ月前からバイトをはじめ、お父さんも喜んでいたんだが……(引用



口で自己表現できない分、手が出てしまう性格のようですね。

口でうまく説明できないことが欲求不満になり、それが積もり積もっていたのかもしれません。


自衛隊をなぜ退職したのかはよくわかっていません。
一方ではトラブルといったことも言われていますが。


でも、働いていたファストフード店では、事件当日、上司と喧嘩、殴って店から走り去ったというのです。


これまで表向きは「おとなしくて真面目」を通してきたのに、上司を殴ったことで自分の攻撃性が他人にバレてしまった。

ここで何かが「プツッ」と切れてしまったのでしょうか。


警部補を数十箇所も刺したというのは、島津容疑者のこれまでの「怒り」が一気溢れ出したことを物語っているようです。


上司と喧嘩した後、家族にLINEで自分の身の回りのものをすべて処理するようメッセージを送ったということですが、これは、犯行を実行するという決意にもとれます。




島津容疑者の印象について、ある人は「挨拶をする礼儀正しい若者」といい、「夜中に異常に暴れだしたりするくらいだから、こういう事件を起こしても不思議ではない」という近所の人もいます。


小学校を目的にしていたのか、それとも警察官から拳銃を奪って何か大きな事件を起こすことが問題だったのか、今のところはよくわかりません。


でも、島津容疑者の性格を考えると、事件は、被害者が日頃感じていた社会に対する不満が外に現れた形だと思います。



自衛官だったこともある人間による凶悪な事件、というと、インパクトがあるから見出しになってしまうのですが、この事件は、島津容疑者の性格が直接関係しているのでは、と思えてなりません。


もう少し彼が周囲とのコミュニケーションを上手に取れていたら、と考えてしまいます。



今回は、ということでした!



参考サイト:
https://mainichi.jp/articles/20180627/k00/00m/040/132000c
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000037-mai-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180627-00000049-sasahi-soci&p=3
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000539-san-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000545-san-soci
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%AF%8C%E5%B1%B1%E3%83%BB%E4%BA%A4%E7%95%AA%E8%A5%B2%E6%92%83%E3%81%97%E8%AD%A6%E5%AE%98%E3%82%892%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E5%AE%B3-21%E6%AD%B3%E5%85%83%E8%87%AA%E8%A1%9B%E5%AE%98%E3%81%AF%E3%80%8C%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%80%81%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%A7%E5%AD%A4%E7%AB%8B%E3%81%97%E3%80%81%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E5%86%85%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E3%80%8D/ar-AAzem3m#page=2