大口病院事件で逮捕された元看護師、久保木愛弓容疑者。

大口病院事件犯人の久保木愛弓容疑者



逮捕された容疑は、患者の点滴に消毒液を注入して殺害したことですが、警察は、他の患者にも消毒液を注入したとして、立件の方針を固めています。


また、久保木容疑者は、「他にも20人位やった」と自供していることから、被害者は今後増える可能性が出てきました。


もし、久保木容疑者の供述が本当だとしたら、何十人もの人の命を奪ったことになります。


なぜそんな行動に走ったのでしょうか。


彼女の動機が知りたくなりますよね。


久保木容疑者の供述や性格を調べてみると、それがなんとなく見えてきました。




久保木容疑者「家族への説明が面倒で、苦手だった」

自分の勤務時間内で患者さんが亡くなった場合、看護師は遺族に説明する必要があります。

久保木容疑者は、その説明が面倒で苦手と感じていたようで、患者さんを殺害したのもそれが理由と供述したというのです!


逮捕されたきっかけとなった、男性患者が亡くなった当日、久保木容疑者の勤務時間は午後5時から翌日の午前8時半までとなっていました。

男性患者は久保木容疑者の勤務が始まる午後5時前に容態が急変したということですが、久保木容疑者の勤務時間外です。


また、その日は久保木容疑者は、勤務が始まる2時間も前から病院にいたということで、その間に消毒液を点滴に混入したと見られています。


警察の調べに対して久保木容疑者は、

自分の勤務時間帯に患者が死ぬと遺族に経緯を説明する必要があり、それが苦手だった。だから担当時間外に薬品を入れて殺した。(引用


と供述しました。


そんなに嫌なら辞めるか他の病院に再就職したらよかったのに。

いや、患者さんたちが目障りなら看護師を辞めればよかったのでは。


そんなふうにタラレバで思ってしまいますが、辞められない事情があったのでしょうか。


久保木容疑者は、社交的な方ではなかったというので、もしかしたら新しい環境に馴染むことが面倒に感じたのかも。


いずれにしても、人の命を犠牲にしてまでのことだったのだろうか。


考えてしまいますよね。


久保木容疑者「ストレスがあった」

「家族に説明するのが面倒」という供述の他にも、消毒液を混入した理由として「ストレスがあった」と、久保木容疑者は捜査関係者に供述したようです。

勤務していた病棟では、看護師同士のトラブルが発生していて、飲み物に異物が混入されたり、パワハラがあったなどと囁かれています。


そんなトラブルの影響が、患者のケアにも出てしまっていたところもあったようです。


ある入院患者の家族は、患者さんが看護師から怒鳴られているのを見たといいますし、看護師が別の看護師を怒鳴りつけているところを目撃した被害者遺族もいたというのです。


看護師という激務に加えて、こうした内輪もめがあれば、久保木容疑者も強いストレスを抱えていたことは想像に難くないですね。



久保木容疑者は、2016年の7月頃から消毒液を注入し始めたということですが、事件が発覚した9月までに、48名もの患者さんが亡くなりました。


久保木容疑者が勤務していた病棟は、終末期の患者さんたちを受け入れていたので、亡くなってしまうのは仕方ないと思われていました。

でも、多いときで1日8人もの患者さんが亡くなったということで、「呪われている」という噂が出てもおかしくありません。



20人以上の患者の点滴に消毒液を混入させたと供述した久保木容疑者は、それについて「感覚がマヒしていった」と、説明しているそうです。

ストレスが起きるたびにやっていたのでしょうか。


いくらなんでも、ですよね。


ストレス発散方法間違ってるだろう。



人付き合いが苦手

久保木容疑者について調べると

内気
おとなしい
目立たない
地味

といった、周囲の声を聞きます。


学生時代から友達も少なく、印象の薄い存在だったようです。


また、職場でも、一人でいることが多く、淡々と仕事をこなすほうで、「人と接するのが苦手な看護師」と、周囲は思っていたようです。



おとなしいと、控えめで真面目な感じもしますが、逆に、おとなしすぎると、何を考えているのかわからない部分があって怖いですよね。


久保木容疑者は、話しかければ答えるといった程度のやりとりを周囲としていたということなので、よほど人と話すことが苦手なのかもしれません。




ストレス発散が苦手で怒りをためていたのかも

逮捕後の久保木容疑者の供述や、報道されている人付き合いが苦手という人物像から

抱え込むストレスを外に発散することが下手で、その怒りの矛先が患者さんに向かった


というのが、動機の一つと考えられますね。


学生の頃の楽しい思い出と言うと、友達と部活で汗を流したり、買い物にでかけたり、恋愛話に花を咲かせたり、好きな芸能人やTV番組で話が盛り上がったり、といったことが思い出されます。

また、ムカッときたことで相手と喧嘩もしたし、やり場のない怒りは、友達や親に話してスッキリさせたりもしてきました。


人と付き合うことが苦手だった久保木容疑者には、こうした思い出はあったのでしょうか。

なにかムカつくことがあった時、自分の中にためていってしまったのではないでしょうか。


久保木容疑者は、同僚の看護師から自分のミスを指摘されたことがあり、それに対してもストレスを感じていたという報道もあります。
自分がイラッとしたり、ムカついたことを相手に言えず、それを発散させる手段も持っていなく、そんな自分のもどかしさにも苛立ち、心の中でどんどん怒りを増大させていったのかもしれません。


精神科医の片田珠美先生は、久保木容疑者の犯行を「置き換え」の行為としてみています。

 大口病院では、入院患者が相次いで死亡した4階で、2016年4月から8月にかけて看護師の服が切り裂かれたり、飲み物に異物が混入されたりするトラブルが起きていた。これが久保木容疑者によるものなのかどうかはこれから慎重に調べなければならないが、もしそうだとすれば、他の看護師に対する怒りをこのような形で表現したと考えられる。

 ただ、こういう手法を続けると、自分が疑われるが恐れがある。だから、それを続けるわけにはいかず、怒りの矛先を患者に向け変えて、患者の点滴に無差別に消毒液を入れたのではないか。

 このように、怒りを覚えた相手に対して直接怒りを出すわけにはいかないので、その矛先を別の対象に向け変えることを精神分析では「置き換え」と呼ぶ。この「置き換え」によって、別の看護師の勤務時間中に患者が死亡するように仕向けたわけで、復讐願望を満たそうとしたともいえる。(引用



久保木容疑者は、高校生の時、推薦で看護学校へ進学する予定でしたが、面接で不合格になりました。

合格率99%と言われる推薦入学で、なぜ不合格になってしまったのでしょうか。


それは、「人と関わるのが苦手」という理由だったから。


それほどコミュニケーションが苦手な人なので、怒りやストレスを間接的にでしか爆発させられないことは容易に想像できますよね。


ストレス発散が苦手の反面、悪質さも露呈

一度は不合格になったものの、その後受けた一般試験では合格したため、看護師になることができた久保木容疑者。


成績は優秀だった、といいますが、

自分の勤務時間以外で亡くなるように考えて消毒液を注入した
容態の悪い患者を選んだ

という抜け目のなさに、それが出ているように感じます。


また、逮捕される前取材に対しては「犯人が許せない」などと、自分ではないと嘘をきっぱりと言ってのけていました。


「極刑を覚悟している」とされる久保木容疑者ですが、この人の中に悪意を感じます。


ある捜査関係者が「彼女なりに罪と向き合っている」と表現したのは、ここにあるかもしれませんね。



おわりに

久保木愛弓容疑者が、なぜ患者さん殺害にまで至ったのか、その動機ははっきりしていません。

報道される情報でしか伝わってきませんが、職場環境やその性格から、日頃大きなストレスを抱えていたことは間違いなさそうです。


普通は、そういうストレスは何かしらの方法で発散できるのですが、久保木容疑者の場合はそれができず、同僚や患者さんに向いていってしまったのかもしれません。


そして、「いつ」「誰に」消毒液を注入しようか、自分の都合で選んでいるところに抜け目のなさを感じるんですね。


患者さんたちは、身勝手な理由で命を奪われてしまった。


久保木容疑者は、取り調べに素直に応じ、自分がした罪と向き合っているようにも見えるということです。


警察は、引き続き慎重に捜査を進めているということですが、もしかしたら動機はもっと深いところにあるかもしれません。



今回は、ということでした!




参考サイト:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%8F%A3%E7%97%85%E9%99%A2%E9%80%A3%E7%B6%9A%E7%82%B9%E6%BB%B4%E4%B8%AD%E6%AF%92%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6
http://biz-journal.jp/2018/07/post_24021.html
https://www.sankei.com/affairs/news/180713/afr1807130003-n1.html
http://www.kanaloco.jp/article/346105
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/07/09/kiji/20180708s00042000604000c.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00010000-tvkv-soci
https://www.j-cast.com/tv/2018/07/10333454.html
https://mainichi.jp/articles/20180714/k00/00m/040/212000c