わいせつ容疑で逮捕されたバレエダンサーの二瓶伊織(27)。


バレエダンサーという肩書がまず注目されましたね。



しかも所属しているのはあの東京バレエ団!


名門のバレエ団の団員だったわけです。



スポンサードリンク



東京バレエ団でニ戸野伊織団員として活躍

東京バレエ団のホームページを見ると、二瓶容疑者は、ニ戸野伊織名で活動し、セカンドソリストとして名前を連ねています。


ちょっと「ソリスト」という意味がわからないのですが、バレエではプリンシパル(主役)の次に重要な役を担う踊り手で、一人、または二、三人で踊ります。


ソリストの中でも
・ファーストソリスト
・ソリスト
・セカンドソリスト

と階級(?)があって、二瓶容疑者は、ソリストの中でも一番下のポジションにいたということになりますね。



でも、この情報は平成28年(2016年)時点の情報で、顔写真がのっているページを見ると、二瓶容疑者はソリストに位置しています。


逮捕された時の顔はあれですが、ホームページにのっている写真を見ると普通にイケメンなので、わいせつしなくても普通にしていれば女性に苦労はしないのでは、と思います。


報道によれば、二瓶容疑者は面識がなかった女性を公園に連れ込み、無理やり胸などをさわったとしていますが、これからの人生棒に振ったようで、残念な気がします。






東京バレエ団は1964年に設立された、バレエ団で、国内外でのバレエ公演を積極的に行っていて、知名度は抜群。






この息の合った踊り。美しすぎる。

さすがプロ集団ですね!


毎年プロのバレエダンサーが入団しますが、その数は10名ほどと、オーディションはかなり難しいと言われています。



ですが、東京バレエ団でプロのバレエダンサーになれば、それで生活していけるので、東京バレエ団の団員になれるのはとてもラッキーなことではないでしょうか。


好きなことで生活できるという幸せな立場にいながらの今回の不祥事。


もうちょっと冷静に行動してほしかったですね。



参考サイト
http://www.thetokyoballet.com/
https://www.nikkansports.com/general/news/201712070000623.html