冬巡業ももうすぐ終わり、来月からは1月場所が始まります。


今年の角界はいろいろありましたね。


というか、まだ続いていますね(;・∀・)


日馬富士
貴乃花親方
白鵬
相撲協会


未だにワイドショーを賑わしていますが、貴ノ岩は今何をしているのでしょうか。


貴ノ岩のものと見られる、痛々しい傷口が公開されたことは記憶に新しいですが、その後が気になりますよね。



スポンサードリンク



貴ノ岩は傷が元で入院していた

貴ノ岩の兄の兄のアディヤ・ルブサン氏が、12日に放送された「直撃LIVEグッディ!」で、貴ノ岩の現状について証言していました。


現在貴ノ岩は入院しているということですが、それは暴行事件で負った傷が原因だというのです。


「耳とか頭も痛かった(ようだ)。(頭の傷は)とっくに治ったよ。ただ、頭は1カ月ぐらいたつと痛くなるとモンゴルで言われている。耳の裏の細い骨が折れている。ビンタで折れるらしい。復帰してもう一度土俵に上がるために、貴乃花親方は良い病院で治療してくれている。私はよく分からないが私の妻が耳鼻科の先生だから。1週間ぐらい入院していて、12日か13日に退院すると思う」(引用



耳の裏が骨折していたとは。


貴ノ岩は、10針も縫うような大怪我を頭に負っただけではなかったんですね。


本当にひどい。



ルブサン氏は、貴ノ岩は傷の後遺症に悩まされていることも指摘していますが、もしかしたら復帰は予想以上に長くなるかもしれませんね。



心に傷も負っているかも

貴ノ岩の師匠、貴乃花親方は、メディアではほとんど語らなかったのですが、その理由というのが貴ノ岩を思いやってのことだったようです。






動画の5分30秒あたりです。


メディアには無言を貫いている親方ですが

「ただしゃべるだけ貴ノ岩の傷が癒されない状況になっていくことは間違いございません」(引用



と、説明しています。



親方の信念、優しさ、正義感が伝わってくるような言葉ですね。



体の傷は目に見えるので治しやすいですが、心の傷は抽象的なのでなかなか難しいですよね。


激しい暴行を受けた上、今はメディアの目に囲まれている貴ノ岩。


精神的身体的に辛いに違いありません。



真実がはっきりして、早く貴ノ岩が復帰する姿を見たいですね。