やっぱりというか、予想通りというか、貴乃花親方が理事解任になりましたね。


元横綱日馬富士が十両貴ノ岩を暴行したことから、まさか被害者の親方も罰則を受けるところまで発展するとは事件当初思ってもいなかったことです。


この決定は、1月4日に両国国技館で開かれた日本相撲協会の臨時評議員会で下され、このことは臨時評議会池坊保子議長によってメディアに伝えられました。





会見で池坊議長は、貴乃花親方が協会に暴行事件に関する報告義務を怠り、一連の言動に礼をかいていたと言っていましたが、この人のこれまでの言動を見ると、どうしても「池坊保子はアホか」と、首を傾げてしまいたくなります。



スポンサードリンク



貴乃花親方理事解任でのコメント

報道によりますと、記者会見で池坊議長は、貴乃花親方の理事解任決議は全会一致だっこと、そして解任について貴乃花親方に電話を入れたことを明かしました。


そして、解任の理由として、暴行事件に関連した一連の貴乃花親方の言動を挙げています。

元日馬富士の暴行問題に対し、危機管理委員会の調査を拒否したのは、公益財団法人の役員としては考えられない行為。(問題の)報告義務を怠り、調査を拒否し続けたことで今回の問題がここまで大きくなった(引用


さらに、貴乃花親方に対してこんな非難も。

「相撲は国技。相撲道は礼に始まって礼に終わる。貴乃花理事の言動は礼を失していたと思う。特に上司の八角理事長が電話しても応答なく、折り返しがないのは著しく礼を欠いていた(引用



協会側からしたらそうかもしれません。

でも、この一連の貴乃花親方の言動からすると、協会に対する強い不信感が浮かび上がってきます。


さらに、この池坊議長の一連の言動にも、首を傾げたくなるところがいっぱいあります!



たけしのTVタックル

池坊議長がたけしのTVタックルに出演して、暴行事件や貴乃花親方について語る場面がありましたが、これはネットでも話題になりましたよね。





たけしさんがかなりはじめから喧嘩腰というのもそうですが、池坊議長のコメントが、だんだん支離滅裂になっていくのにイラッと来てしまいます。


特に、何か問題があったときに協会に報告するルールについてですが


相談するのではありません。届け出る義務があるということです。日馬富士さんと貴ノ岩さんは、終わった後で握手をしたそうです。ですから、その時点では2人とも大したことはないと思ったのではないかと(引用


というコメント。


あれだけの傷を負っていて、握手したから良いです、っていうことはないんじゃないですか?

貴ノ岩が自分の子供だったとしたら、「仲直りしたのね、じゃあおしまい♪」で済んだでしょうか。


それに、相談ではなくて協会に届け出するっていうところもなんか普通の常識では考えられませんよね。


やっぱり警察に届け出ることが義務なのではないでしょうか。



そういえば、池坊さんは古田敦也さんとの「バトル」でも、「協会に報告」を最優先させているようなことを主張していますよね。


一般の人は警察に届け出ることが義務だけど、相撲界の場合は協会に届け出ることが義務、とでも言わんばかりです。


これはどう考えてもおかしいです。


たけしさんじゃないけど、「人を殺したから報告します」って、まず協会に届け出る義務があるということ自体どうしても「はぁ~?」ってなりますね。


たぶん、正論を言っても何を言っても池坊さんは貴乃花親方を悪者にしたいようにも受け止められます。




相撲協会の常識って世間一般の常識とずれていますよね。


相撲界ってこんなに異常な世界だとは思いませんでした。



貴乃花親方が協力を拒んだのも、こうした異常な常識がまかり通っていたからではないでしょうか。






ここまでくると口は悪いですが、「池坊保子はアホか」と言う声がちらほら聞こえてくるのも不思議ではないですね。


力士さんたちが健全に安心して相撲に打ち込める環境をこれを機会に作って欲しいなと思いますが、それは理想で終わりそうです。



参考サイト:
https://www.j-cast.com/2017/12/18316896.html?p=all
http://www.sanspo.com/sports/news/20180104/sum18010414460007-n1.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000044-mai-spo
http://blog.livedoor.jp/kotasoku/archives/22621321.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000081-dal-spo