大阪の民泊で発生した事件で逮捕された犯人は、外国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(Yevgeniy Vasilievich Bayraktar,26)。

女性監禁容疑で逮捕されたバシリエビチ容疑者は、遺体遺棄についての供述を始めていて、事件は監禁から殺人事件に変わりそうです。

大阪民泊事件遺体山中で発見



供述通り、女性の遺体は民泊以外からも3箇所で発見されたんですよね。


バシリエビチ容疑者と行動をともにしていた三田市の不明女性の安否は未だにわからない状態。


この人、一体日本に何しに来たんだ?


調べてみると、日本に、特に日本人女性に興味があったようなのです。


なぜ大好きな日本人女性を手に掛けるような事件を起こしたんだろう。


バシリエビチ容疑者が起こした事件や、人物像について、わかっていることをお伝えします。



スポンサードリンク



来日、そして三田市の不明女性と出会う


バシリエビチ容疑者来日以後の行動

バシリエビチ容疑者は、2018年1月末に観光目的で日本に来日。

その後、「JAY」という名称でスマホのマッチングアプリを使い、日本人女性と接触します。

そのうちの何人かとは連絡をとり合うようになり、少なくとも10人の日本女性と交流があったということです。

滞在していた東成区の民泊にも、4,5人の女性を連れ込んでいたことがわかっているので、実際に会ったりもしていたんですね。


そして、「Tinder」というマッチングアプリで、現在行方不明になっている三田市の女性と知り合います。


女性は27歳の会社員で、バシリエビチ容疑者とインスタグラムを通して英語でやり取りをしていたそうです。


2月15日、女性は友人に「JAYと会う」と伝え、勤務先を出た後大阪に向かったようです。

それを裏付けるかのように、2月16日の未明には、2人がバシリエビチ容疑者が滞在している民泊に向かって歩いている姿が確認されています。


バシリエビチ容疑者の主な行動について、時系列でまとめてみました。

行動
2018年1月末 観光目的で来日する
2018年2月ころ マッチングアプリを使って複数の日本人女性と連絡を取り合う。
2018年2月12日ころ 大阪市東成区の民泊マンションに滞在を始める。
2月15日ころ 三田市の不明女性と会う約束をする。
2月16日未明 不明女性と待ち合わせ、東成区の民泊に一緒に入る。



大阪の民泊で事件発生!犯人は米国籍の男


バシリエビチ容疑者 大阪民宿事件の足取り
出典


バシリエビチ容疑者は、東成区の民泊を2月18日、一人で退室。

監視カメラには、大きなキャリーバッグを抱えて出る容疑者の姿が映っていました。


出典


その後バシリエビチ容疑者は奈良市内へ移動しますが、2月22日、女性の行方を追っていた兵庫県警に監禁の疑いで逮捕されます。


大阪民泊事件の犯人
出典



その時バシリエビチ容疑者は大きなキャリーバッグを持っていませんでした。


その後、大阪府西成区の民泊で女性の頭部が発見され(2月24日)、続く2月26日、大阪府と京都府の山中で、胴や腕などの遺体が発見されました。

大阪民泊事件遺体発見現場
出典


大阪府西成区の民泊は、バシリエビチ容疑者が滞在していた場所。
そして、容疑者は遺体を山中に遺棄したと供述していました。


ただ、この遺体は誰なのか、明らかになってはいません。


バシリエビチ容疑者は複数の日本人女性と接触していたこともあり、彼女らの安否が心配されましたが、該当した女性たちは無事が確認されています。

遺体は三田市不明女性の可能性が濃厚?他の女性の無事は? | ええっ!?ジャーナル遺体は三田市不明女性の可能性が濃厚?他の女性の無事は? | ええっ!?ジャーナル 



警察は
・バシリエビチ容疑者の足取り
・遺体の身元確認
・三田市の不明女性の安否

について、捜査を続けています。


所持していたキャリーバッグは、遺体を運ぶために使ったのでしょうか。


バシリエビチ容疑者は、キャリーバッグを持ちながら電車移動していたという報道もありますが、遺体を遺棄するために電車を利用したようですね。

日本に来日して日が浅いけれど、日本での生活にかなり慣れているような印象を受けます。


日本人女性との出会いを求め、大阪府内の民泊を転々としていたということですが、何がしたかったんだろう。


【事件発生から遺体発見までの経緯】

月日 行動
2月17日 三田市不明女性の親族が、兵庫県警に女性の行方不明を届け出る
2月18日 バシリエビチ容疑者が東成区の民泊を退室する
2月22日 バシリエビチ容疑者が奈良市内で逮捕される
2月24日 バシリエビチ容疑者が滞在していた、大阪市西成区の民泊マンションの一室から、女性の頭部が発見される。
2月25日 バシリエビチ容疑者の供述により、大阪府島本町と京都府山科区の山中など3箇所で、女性の両脚、両腕、胴体がそれぞれ発見される。
2月26日 捜査本部が遺体を発見したことを発表、容疑者を死体遺棄と死体損壊の容疑で再逮捕する方針を固める。




バシリエビチ容疑者の両親「息子は日本人女性と結婚するのが夢だった」



出典


バシリエビチ容疑者は、アメリカのニューヨーク出身。


来日する前から日本に興味を持っていたようです。


NNNの取材に応じた、バシリエビチ容疑者の両親の話では、「息子は日本人女性と結婚するのが夢だった」などと、日本好きを語っていたということです。



同居している両親に話すほどですから、よっぽど日本が好きだったんでしょうね。


日本に住みたいとか、日本の女性と結婚したいとか、そういう気持ちが高じて日本に来たのでしょうか。



こちらの記事では、三田市の不明女性とバシリエビチ容疑者の2人が、待ち合わせする前のやりとりについて報じています。

【民泊女性不明事件】「会える?」「今は会えない」「じゃあ行く」「それは無理」SNSで訪問断り男のいる大阪に向かう?(1/2ページ) - 産経WEST【民泊女性不明事件】「会える?」「今は会えない」「じゃあ行く」「それは無理」SNSで訪問断り男のいる大阪に向かう?(1/2ページ) – 産経WEST 



女性がトラブルを予想していたのかどうか、これだけではわかりませんが、オンラインで知り合って間もない相手ですからね。

もしかしたら少し警戒していたのかもしれません。


すでに日本人女性との結婚を夢見ていたバシリエビチ容疑者と、女性との間では、気持ちの温度差もありそうですし、こうした要素が重なって、トラブルに発展していったのかもしれません。




バシリエビチ容疑者は現在も取り調べを受けているようですが、未だに不可解な部分が多いですよね。



バシリエビチ容疑者について、その人物像が少しずつ明らかになっていくと思いますが、分かり次第情報を追加していきたいと思います。



今回は、ということでした!




参考サイト:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000008-ykf-soci
http://www.sankei.com/west/news/180227/wst1802270010-n1.html
http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/25/missing-oosaka-murder_a_23370741/
http://www.news24.jp/articles/2018/02/25/07386544.html
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201802/0011013776.shtml