フロリダのパークランドにある高校で起こった銃乱射事件。


事件を起こし逮捕されたのは、高校の元生徒、ニコラス・クルーズ容疑者(19)でした。


逮捕後犯行を認めたクルーズ容疑者は、地元裁判所に出廷、17件の計画的殺人の疑いで追訴されました。

ニコラス・クルーズ画像2



ニコラス・クルーズ容疑者について、画像や犯行の動機など、国内外で盛んに報道されています。

なぜこんな事件を起こしたのか
どんな人物なんだろう

やっぱり知りたくなりますよね。


クルーズ容疑者は、インスタグラムなど、snsを使って自分の画像や主張をアピールしていたようですが、これらを見ると、「やっぱりね」と言った感が否めません。


事件を起こすまでのクルーズ容疑者について、報道されている情報をまとめてみたいと思います。



スポンサードリンク



インスタグラムに頻繁に画像を投稿

警察の調べや元同級生の証言などから、クルーズは以前からSNSに、自身が武装した画像などを投稿していたことがわかりました。


こちらはクルーズが自分のインスタグラムに投稿したとされる画像(アカウントはすでに削除)。

ニコラス・クルーズ画像1
出典



ニコラス・クルーズ画像3

ニコラス・クルーズ画像4

ニコラス・クルーズ画像5

ニコラス・クルーズ画像6
すべて出典



その他にも弾丸が詰まった箱やカエルの死体、銃で狙いを定めている画像なども投稿しています。


クルーズは少なくともインスタグラムに2つのアカウントを持っっていて、

1つめ
ニコラス・クルーズ画像7

2つめ
ニコラス・クルーズ画像8
ともに出典


バンダナで顔を隠し、テロリストを連想させるような画像をプロフィールに使っていました。


ちなみに下のアカウントでかぶっている赤い帽子は、ドナルド・トランプ大統領の支持者が好んでかぶる帽子で「アメリカをまた偉大に」と書いてあるそうです。


実際、クルーズ容疑者は、「アメリカ第一」を匂わせるような表現や、「くそったれ」など、社会に怒りをぶつけるようなメッセージも投稿していたようです。


銃に執着し、何か極端な思想に傾倒していた様子が伺えますよね。


画像を投稿したり、書き込みをした人すべてが実際に行動に移すわけではありませんが、こういう画像を見ると「いつかはやりそう」と思ってしまいます。



スポンサードリンク




危険な問題児として認識されていた

クルーズの周囲の人達は、以前からクルーズの行動を問題視していました。


クルーズは事件が起きた高校の元生徒ですが、学校から退学処分を受けていました。

同校の教員や生徒の話によりますと

・高校は素行の悪さから、教師全員にクルーズ容疑者についてメールを送っていた
・同じ学校に通う女子生徒にストーカー寸前の行為をしていた
・クルーズ容疑者のバックパックの中から銃弾が見つかったことがあった
・学校に通っている時バックパックを背負うことを禁止されていた
・他の生徒を脅す行為をしていた
・火災報知器を頻繁に作動させていた

ということがあったということです。


学校に凶器?!

ここまでしたら、やっぱり何か起きてもおかしくない、って私の中でアラート鳴ってます(怖)


「学校で乱射するとしたらクルーズ」という冗談が元同級生の間に出るほどだったといいますが、クルーズ容疑者は、以前から危険な存在だったといえますね。


ニコラス・クルーズ「プロの学校銃撃犯」になりたい

乱射事件が起こる前の話ですが、FBIが一度ニコラス・クルーズ容疑者について調べたことがあります。


ことの発端は、ベン・ベナイトさんという保釈保証業者が、クルーズ容疑者が書き込んだとみられるコメントを見つけたことからでした。


べナイトさんは、「BenTheBondsman」という名前でYouTubeに動画を投稿していましたが、自分の動画に


「I’m going to be a professional school shooter(プロの学校銃撃犯になりたい)」

というコメントの書き込みを発見。


ニコラス・クルーズの書き込み
出典


確かに書き込みした人の名前が
「nikolas cruz(ニコラス・クルーズ)」になってますね。

今思うと「やっぱり」感が抜けきれません!


これは無視できない書き込みと直感したべナイトさんは、FBIに通報、すぐにFBI関係者がべナイトさんに接触し、事情を聞いたということです。


FBIは書き込んだ人物を特定できないとして捜査をやめたということですが、事件発生後、再びFBIがべナイトさんに接触してきたそうです。


本名で投稿しているということは、クルーズ本人によるものと考えて良さそうですね。

書き込むほど本気で考えていたのでしょうか。


恐ろしいです。



社会に拒絶された憎しみが銃に?

ニコラス・クルーズ画像2
出典


子供に噛み付く、車に卵を投げる、他人の郵便物を捨てる…

子供の頃から反社会的な行動を繰り返してきたというクルーズ容疑者。


そこには彼の複雑な生い立ちが関係しているのかもしれません。


クルーズ容疑者は、幼いころに孤児になり、弟とともに養父母に育てられました。

しかし、数年前に養父を、去年の11月に養母を亡くなくしてしまうんですね。
その後クルーズ容疑者は弟とともに親族の家で暮らし、最近では友人の家で暮らしていたということです。


養母とクルーズ容疑者はいい関係が築けていたようです。
同窓生の家族も、クルーズ容疑者の就職を手助けするなど、クルーズ容疑者のことを気にかけていました。

でもクルーズ容疑者の素行の悪さは相変わらず。


そして学校ではほとんど友人を作らず、厄介者扱い。

問題行動ばかり起こしていましたからね、誰も近寄りたくないのは当たり前。


でも、問題行動を起こす根底には、誰からも受け入れてもらえないという欲求不満があったのではないでしょうか。

銃に関心が向いたのも、欲求不満を満たそうとしていたからなのかもしれませんね。



クルーズ容疑者が学校をターゲットにしたのは、学校が自分を拒絶したシンボルであり、幸せそうな学校生活を送る同年代の子供達のすべてを破壊するためだったのかったのかもしれません。

社会に対して復讐をするには、学校が一番と考えたのかも。


まあ、ここまでくると私の勝手な想像でしかないですけどね。


でも、クルーズ容疑者のこれまでを振り返ってみると、やっぱり事件を起こしそうな予兆があったのでは、と思えて仕方ないんですね。


一部の報道では、クルーズ容疑者は
・精神医療施設で治療を受けたことがある
・過去に自閉症と診断されていた
・養母の死がきっかけでうつになった

というふうに、精神障害が指摘されています。


もしこれが本当だったとしたら、地道に治療を続けていたら、沢山の命が犠牲にならずに済んだのでは、とも考えます。


乱射事件発生を受け、元CIA、FBI職員CNN解説者のフィリップ・マッド氏は
「(銃社会の)この国では認められないことでしょうが、 私たちは(もう悲劇を)受け入れられない」と、言葉をつまらせながらコメントしていました。



子供を持つ親として、私もこういう悲劇は起きてほしくありません!


何か防ぐ方法はなかったのだろうか。


これが今後の課題になりそうですね。



今回は、ということでした!



参考サイト:
http://www.latimes.com/nation/la-na-florida-school-shooting-20180214-story.html
http://abcnews.go.com/Health/florida-shooting-raises-awareness-stigma-attached-mental-illness/story?id=53128272
https://www.usatoday.com/story/news/nation-now/2018/02/15/florida-shooting-what-we-know-attack-parkland-high-school/340110002/
http://www.nydailynews.com/news/national/fbi-warned-cruz-professional-school-shooter-plans-months-article-1.3822163
https://nypost.com/2018/02/14/alleged-florida-shooter-appeared-to-flaunt-weapons-on-instagram/
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-43080931-bbc-int
http://www.bbc.com/japanese/43080931
http://www.abc.net.au/news/2018-02-15/florida-shooting-17-confirmed-dead-several-people-surgery/9449076
http://www.abc.net.au/news/2018-02-16/florida-shooting-fbi-warned-about-alleged-gunman-nikolas-cruz/9453156
http://www.abc.net.au/news/2018-02-15/cnn-terror-expert-breaks-down-over-florida-shooting/9450664