脳死状態で入院していた足立朱美容疑者の父親が、6月28日亡くなりました。


足立朱美 父親死亡




足立容疑者の父親は、インスリンの過剰摂取で倒れて病院に運ばれていて、これに容疑者が関与しているかどうか捜査が進められていました。


お父さんが亡くなってしまったということで、もし足立容疑者が絡んでいたとしたら、2人の家族の命を奪ったことになります。



その他、お母さんも足立容疑者が作った飲み物で具合を悪くし、元夫だった男性も飲み物で体調が悪くなったことがあったという報道もありますよね。


父親の死亡に関係しているのか、弟をなぜ殺害したのか、など、現段階では明らかになっていませんが、このニュースを聞くと、ホント、この人にとって家族とは一体何だったんだろう、と、虚しくなってきます。


理由はやっぱりお金だと思いますが、足立容疑者について報道されてることをもとにまとめてみますね。



スポンサードリンク



弟殺害は競争に勝つため?

足立朱美容疑者は、2018年6月20日、実弟の聖光さんを、練炭自殺に見せかけて殺害した疑いで逮捕されました。


それについては以前記事にしたので、興味があったら読んでみてくださいね。

弟以外の家族も?なら足立朱美はたいへんな役者か悪人 | ええっ!?ジャーナル弟以外の家族も?なら足立朱美はたいへんな役者か悪人 | ええっ!?ジャーナル 


朱美容疑者と、聖光さんの父親は、「第一水道(株)」を経営していて、聖光さんが独立する前は、兄弟でこの会社を切り盛りしていたそうです。


ところが6年前に、聖光さんは独立して他の建設会社の社長に。
その後「第一水道(株)」は、容疑者と父親が共同で経営していました。


同業種ということもあってか、2つの会社は競合していたとの話もあり、これが犯行の原因になってる可能性があるんですね。


「弟の会社が朱美容疑者の会社より業績が好調だった。仕事で競合することもあったようで、朱美容疑者が嫉妬し、弟の会社がなくなれば、業績をアップさせることができると犯行に及んだのではないか」(捜査関係者)(引用



もし、会社の業績に嫉妬しての犯行だったら、足立容疑者は相当プライドが高く、自尊心を傷つけられることを極端に嫌っているか、または聖光さんの会社の業績が遥かに良かったか、はたまたお金が目減りしていくのが耐えられなかったとか。


「負けた、悔しい、弟さえいなければ」という気持ちを持つというだけでなく、実際に消そうとする行動まで出ていますからね。


よっぽどの憎悪やお金に執着していたのではないかと思います。



足立朱美容疑者の父親が死亡

足立容疑者の父親は、以前から糖尿病の治療でインシュリン注射を自宅で続けていました。


2018年1月20日、父親は自宅で倒れ、インスリンの過剰摂取で病院に運ばれました。

運ばれたときは低血糖状態だったといいますが、その後回復して25日に退院。


しかし、翌日に再び低血糖状態になったため、病院に搬送されましたが、脳死状態となり、先日亡くなったのです。


足立容疑者が、父親の死に関与しているかどうか捜査が始まったのは、弟の偽装自殺もそうですが

○父親はインスリン注射の治療を2012年から続けていたが、それまで搬送されるようなことは1度もなかった
○父親が倒れた時、足立容疑者が前日に実家に泊まっていた
○父親は、足立容疑者が作った甘酒を飲んでから体調がおかしくなった

といった不審な点があったからです。



足立容疑者は、実家から離れて息子と自宅で暮らしていたということですが、その自宅のローンを肩代わりしたのが父親です。


もし、足立容疑者が飲み物に薬物を入れたとしたら、の前提ですが、そんなお父さんに手をかけるとは、一体何が欲しかったのでしょうか。


自分の会社?それとも親の遺産?



前夫ともトラブルが

足立朱美容疑者には離婚した夫がいます。

元夫は、郵便局に勤務していて、2006年頃足立容疑者との間で離婚問題が浮上、子供の親権を巡ってもめるようになりました。


子供の親権という問題に終止符を打とうと足立容疑者が取った行動は…


夫の定期になんと大麻を隠したんです!


そして、警察に「大麻を持ってる男が駅にいる」と通報、夫は駆けつけた警察官に逮捕されてしまいます。


「朱美容疑者は、匿名の通報だけではなく、事情をよく知らない女友達に夫の細かな特徴を伝えて『自分は顔を知られているので代わりに警察に突き出してほしい』と依頼。通報で駅にやってきた警察を女友達に誘導させ、夫を捕まえさせた。しかし、夫は大麻の所持を否認。女友達に警察が詳しく事情を聴くと頼まれたと供述し、朱美容疑者の自作自演がバレて、大麻取締法違反(所持)容疑で書類送検された」(前出の捜査関係者)(引用



ひどい。


目的達成のためなら何でもする、というところが怖いですよね。

他人の都合関係なし。


この件で、足立容疑者は書類送検となりました。


夫は、以前容疑者が作った飲み物を飲んだら急に具合が悪くなって妻を疑ったといったことを話していたということですが、今考えると「ああ、やっぱり」ってなりますね。



お金目当ての犯行か

家族を殺害する動機は、その場の感情に任せてだったり、周囲からの孤立化など、事件の数だけ動機もある、というふうに、多岐にわたっているようです。


でも、毒を使って家族を殺すというのは、そのだいたいが金銭的なものからきているかな、と、実際に起きた犯罪系のTV番組をよく見てる私は、そういう印象を受けます。


女の夫がみな不審死して調べたら毒を持っていた、そして夫には多額の保険金がかけられていた、といったパターン。


中でも一番印象に残っているのは、アメリカで発生した、夫の毒殺事件。
2005年、犯人のステイシー・キャスターは、2番めの夫に不凍液を飲ませ、自殺に見せかけ殺害。

キャスターの1番目の夫は、心臓発作で死亡したとされていました。
でも、事件発覚で調べたところ、2番めの夫と同じ症状がでていたことから、キャスターへの容疑が強まったのです。


疑惑の目が自分に向けられると察知したキャスターは、その罪をなんと自分の娘になすりつけようとして、娘に毒入りの飲み物を飲ませたうえ、娘が書いたとする「遺書」を偽造。


娘は奇跡的に助かり、キャスターは夫殺しと娘の殺人未遂で逮捕されたのです。


キャスターは夫に多額の保険金をかけていて、犯行の動機は保険金でした。

そして最後は肉親である自分の娘をも抹殺しようとする。


恐ろしいですよね。


足立容疑者には、金銭トラブルが有るとも、両親や弟に保険金がかけられていたとの情報もあります。



詳細はまだはっきりしていませんが、この人は、家族を自分の目的を達成する道具の一つ以上には考えられなかったかもしれませんね。


お金はたしかに大事。


でも、人を犠牲にしてまで手に入れるものか?


本当に、虚しくなってきます。



今回は、ということでした!



参考サイト:
http://www.st.rim.or.jp/~success/kazokunai01_ye.html
https://dot.asahi.com/wa/2018062400003.html?page=1
https://www.asahi.com/articles/ASL6X630QL6XPTIL02H.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000093-mai-soci