6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談、やっぱり中止になってしまいましたね。

米朝首脳会談中止



ここ最近アメリカと北朝鮮両方から、会談中止を示唆する発言がありましたから…


まあ、なんとなく予想通りとわかっていても、気になるな、中止の理由が。


アメリカが北朝鮮に首脳会談中止を申し入れた理由について、報道するメディアもたくさん出てきたので、どんな理由が考えられるかまとめてみました。



スポンサードリンク



トランプ大統領「激しい怒りとあらわな敵意」

トランプ大統領書簡全文
出典


2018年5月24日、米ホワイトハウスは、トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に会談中止を書簡にて伝えたと明らかにしました。

トランプ大統領が金委員長に宛てたという書簡は以下の通り(全文)。

親愛なる委員長へ

双方が待ち望み、6月12日に予定されていたシンガポールでの首脳会談に向けて続けてきた交渉や協議において、あなたが費やした時間と忍耐、労力に、われわれはとても感謝します。会談は北朝鮮からの要請であると知らされていたものの、それはわれわれにとって全く関係ありません。シンガポールであなたにお会いするのをとても楽しみにしていました。だが残念なことに、あなた方の最近の声明にみられる激しい怒りとあらわな敵意を鑑み、長い時間をかけて計画してきた今回の会談を実施することは不適切だと感じています。したがって、この書簡をもって、シンガポールでの会談を行わないことを表明します。双方のためではありますが、世界にとっては損失となるでしょう。あなたは自国の核能力について語りますが、われわれのものは非常に大規模かつ強力で、決して使用される必要のないことを私は神に祈ります。
素晴らしい対話が、あなたと私の間で築かれつつあると思っていました。そして結局、そうした対話だけが重要なのです。いつか、あなたとお会いできる日をとても楽しみにしています。また、米国人を解放してくれたことに感謝します。彼らは今、家族と共にいます。素晴らしい意思表示で、とても感謝しています。
この最も重要な首脳会談について考えが変わったなら、遠慮なく電話あるいは手紙をください。世界、とりわけ北朝鮮は、持続的な平和と大いなる繁栄、そして富を得る大きな機会を失いました。この機会喪失は、歴史において真に悲しむべき出来事です(引用)。



毎日新聞がトランプ大統領の書簡骨子をまとめています。

簡単に知りたいならどうぞ。

【米朝会談中止】米朝会談「中止」伝達 トランプ氏の書簡骨子 - 産経ニュース【米朝会談中止】米朝会談「中止」伝達 トランプ氏の書簡骨子 – 産経ニュース 



トランプ大統領にしてはとても丁寧な手紙ですね^^;


この書簡から、北朝鮮の米に対する「激しい怒りとあらわな敵意」が会談中止の理由ということがわかります。


ああやっぱり、って思ってしまいますが、「激しい怒りとあらわな敵意」が意味することはなんでしょうか。


具体的に見てみましょう。

中止の理由1:ペンス副大統領発言への批判

北朝鮮ペンス副大統領を批判
出典

ロイター通信の記事によりますと、ホワイトハウスは、米腸首脳会談中止の理由として、ペンス副大統領発言への北朝鮮の対応が批判的であったことを明らかにしたということです。

米朝会談中止、引き金はペンス副大統領発言への対応=米当局者(ロイター) - Yahoo!ニュース米朝会談中止、引き金はペンス副大統領発言への対応=米当局者(ロイター) – Yahoo!ニュース 


ペンス副大統領の発言ですが、これはペンス副大統領が、5月21日にFOXニュースのインタビューでの発言です。


インタビューでペンス副大統領は

金正恩党委員長がトランプ大統領をもてあそぶことができると考えているとしたら、大きな間違いだ(引用


と、北朝鮮側が会談中止を示唆していることについての質問に答えました。


このペンス副大統領の発言を受けて、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は5月24日、「愚か」と非難。

さらに北朝鮮は会話が失敗に終われば「核で決着」という可能性も匂わせたというのです。



また、インタビューでペンス副大統領は、北朝鮮が非核化に同意しなければ「リビアのように終わるだろう」と警告しましたが、こレに対しても崔外務次官は「許容できない、厚かましい発言」と、怒りをあらわにしています。


そして、ペンス副大統領のことを

米国政策に関与している者として、あのような無知で愚かな発言が米副大統領の口から噴出したことに、驚きを抑えられない(引用



とまでこき下ろしたといいますから、さすがのアメリカも黙ってはいませんよね。


会談中止?上等だ、核戦争待ってました!


みたいなこの発言は、書簡にある「激しい怒りとあらわな敵意」そのものではないでしょうか。



中止の理由2:非核化に向けた「約束」を次々と破った

米朝会談中止声明
出典

米朝首脳会議がシンガポールで行われると発表されてから、準備段階に入っていきましたが、そのプロセスでの北朝鮮の行動にアメリカは疑問を呈していました。

○5月16日、アメリカと韓国の軍事演習に反発して南北高官級協議の中止を突然発表
○5月23日から行われた地下核実験場の爆破と閉鎖作業には、国際原子力機関(IAEA)や、核実験全面禁止条約機関(CTBTO)など専門機関は呼ばず、外国人記者のみを立ち会わせた
○北朝鮮とシンガポールで会談についての事務レベルの話し合いを約束。にもかかわらず北朝鮮側は誰一人派遣せず、連絡も取れなかった


これ、政治レベルでしょ?


普通の待ち合わせドタキャンと違うんですからね。


国のトップがこれじゃあ、ってなりますよね。


非核化本気でする気ない、と思われても仕方ないし、アメリカが「このまま米朝首脳会談開いても意味ない」と判断してもおかしくないでしょう。



中止の理由3:中国を「後ろ盾」にしてアメリカへの揺さぶりを強める

中国が北朝鮮の後ろ盾

金委員長が、立て続けに中国の習近平主席と会ったことが話題になり、中国は北朝鮮の後ろ盾になったと誰もが認めていると思います。


北朝鮮の米に対する態度が大きくなったのは、中国の存在があるからと見ている人も多いですね。


特に、北朝鮮が南北の高官級協議を突然中止しましたが、これはアメリカに対して揺さぶりをかけるのが狙いと見られています。


こちらの記事によりますと

交渉有利に...米を揺さぶりか ドタキャン北朝鮮の狙い - FNN.jpプライムオンライン交渉有利に…米を揺さぶりか ドタキャン北朝鮮の狙い – FNN.jpプライムオンライン 


アメリカと韓国の合同演習は5月11日にすでに始まっていて、北朝鮮側もそれを知って認めています。


にもかかわらず、5月16日に突然演習が気に食わないとドタキャン。



これはとても不自然ですし、記事が指摘する「在韓米軍の活動を、北朝鮮を使ってけん制」という可能性も捨てきれません。



大国中国がバックに付いているのといないのとてでは、やっぱり違いますよね。


北朝鮮がアメリカに対して攻撃的になったり、不親切な態度をとるのもうなずけます。



中止の理由4:内政がらみ?

トランプ政府
北朝鮮は、非核化についてアメリカと約束したことを次々と破ったとされていますが

先日拘束していた3人のアメリカ人を解放しましたし、4月の南北首脳会談で約束した、核実験場爆破も実行しました。


なので、全く約束を守っていない、とは言い切れないので、もしかしたらアメリカ側に理由があるかも?しれません。


こちらの記事は、トランプ政権がなぜ米朝首脳会談を中止したのかその理由について分析していて

交渉は無駄と悟った?──トランプが米朝首脳会談を中止した理由 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト交渉は無駄と悟った?──トランプが米朝首脳会談を中止した理由 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 


その理由の一つとしてトランプ政権内の強硬派たちが圧力をかけた可能性を指摘しています。


「リビア方式」を主張しているジョン・ボルトン大統領補佐官はかつて、首脳会談で軍事行動ができないと発言したこともあるようです。


ただ、これは本当かどうか確認するのは難しいですし、これだけだとちょっと弱いですよね。


むしろ、過去の北朝鮮外交で非核化にたどり着けなかったことをふまえ、今回も合意には至らず政権としてのアピールができない、ということを考えたからではないでしょうか。


合理的で実力主義的なところのあるアメリカですから、こう考えたほうがすんなりいきますね。



おわりに

シンガポールで開催予定だった米朝首脳会談は、お流れになりました。


北朝鮮はアメリカに対して喧嘩腰になった部分もあり、やっぱり昔と変わってないかな、というのが感想です。



どうしても非核家に持っていきたいアメリカと、どうしても核を手放したくない北朝鮮の間で大きな溝ができてしまってるということですね。


表面上北朝鮮は非核化に近づいたかもしれませんが、やっぱり根本的なところで昔と変わらず。


だったらいくら会談しても結果は見えています。


今回アメリカが判断したことは、賢明だったと言えますね。



アメリカも北朝鮮も、対話する用意はあるとしていますが、再開のめどは今のところ不透明ですが、朝鮮半島の平和は、日本にも大きく影響するので実現してほしいです。





今回は、ということでした!




参考サイト:
https://www.sankei.com/world/news/180524/wor1805240056-n1.html
https://www.cnn.co.jp/special/kr_peninsula/35119755.html?tag=top;topSp
https://www.sankei.com/world/news/180525/wor1805250027-n1.html
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3378161.htm?1527246611680
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000002-reut-kr
http://news.livedoor.com/article/detail/14762269/
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3375320.htm
http://www.bbc.com/japanese/44134797
https://mainichi.jp/articles/20180522/k00/00m/030/042000c
https://www.fnn.jp/posts/00392111CX
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/05/post-10245.php