草津白根山の噴火、本当にびっくりしましたね!


噴火が発生した直前まで、スキー場でスキーを楽しんでいた人たちもいたわけですし…


まさか起きるとは、という感が強いです。


草津白根山噴火




気象庁は1月23日に草津白根山の噴火警報レベルをレベル3に引き上げました。



調べてみると、草津白根山は活火山なんですよね。

そして、10年ほど前から噴火警報レベルが設定されていたんですね。


噴火前はレベル1だったようですが、噴火警報レベルはどんなふうに決定されるんでしょうね。


そして、今回の噴火は突然、という印象が強いのですが、噴火の予測は難しいのでしょうか?


・草津白根山の噴火警報レベルの変化
・噴火警報レベルとは?
・噴火予測は難しい?


ということについて調べてみました!



スポンサードリンク




草津白根山の警報レベルはこう変化していった


草津白根山の地図
出典


草津白根山は活火山。

ウィキペディアによりますと、2007年12月から気象庁は噴火警戒レベルを設定していました。


この噴火警戒レベルが設定されたとき、すでに「山頂火口の湯釜から半径500メートル以内に立ち入り制限」という規制ががかけられたんですね。

この規制は、観光シーズンには緩和されましたが、それ以外は立ち入ることができなかったようです。


その後も
・火山灰の噴出
・新たな噴気

が確認されたため、警報レベル緩和には至ることはなく、様子見、という状態が続いていたようです。


噴火警報レベル2に引き上げ

2014年ころから草津白根山では、火山性地震といった火山活動が活発になっていきます。

こうした状況から気象庁は警報レベルをレベル1からレベル2に引き上げますが、それにともなって規制も強化されていきます。

【噴火警報レベル2設定後の規制】
・国道292号の草津町殺生河原駐車場前から嬬恋村万座三叉路までの8.5キロメートル通行止め
・第2次規制区域内の登山道立ち入り禁止


レベル2からレベル1に引き下げ

2017年に入ると、草津白根山の火山活動は低下します。

そして、それにともなって警報レベルもレベル1に引き下げられました。


噴火警報レベルが下がったため、規制も緩和されます。

【レベル1引き下げ後の規制緩和】
・湯釜火口1キロメートル圏内立ち入り規制→500メートル圏内立ち入り規制
・国道292号立ち入り規制→立ち入り規制解除



噴火するまでレベル1に引き下げられていたんですね。

一時火山活動がおとなしくなってホッとしたところを狙われた、と言ったかんじでなんか悔しいです。



そして2018年1月23日に草津白根山は噴火しますが、噴石が火口から1キロ以上離れた場所まで飛ぶなどしたため、現在では「警報レベル3」にまで引き上げられています。


【草津白根山の噴火警報レベルの変化】
噴火警報レベル
2007年12月 気象庁が草津白根山を噴火警報レベル1に設定する。
湯釜付近に規制がかかる。
2009年4月 火山灰の噴出に伴い予報が出される。
引き続き噴火警報レベルが設定される。
2014年6月 噴火警報レベルがレベル2に引き上げられる。
2017年6月 噴火警報レベルがレベル1に引き下げられる。
2018年1月 本白根山がの噴火に伴い、噴火警報レベルがレベル3に引き上げられる。



レベル1でも危険?

ところでこの「警報レベル」って、どういう基準で引き上げたり下げたりされるのでしょうか。


気象庁のホームページをみると、噴火警報レベルはレベル1から5まで5段階あることがわかります。


噴火警報レベル一覧
出典



レベル3は警報に入り、「入山規制」となります。


・入山禁止
・登山禁止

といった規制が敷かれるほか、周辺住民は、今後の火山活動の状態で非難もありうるといった危険度を示していますね。


レベル3は警報の中間と聞くと、正直「まだまだ大丈夫」って思ってしまう部分もあるので、これが危険かもしれないですね(;´Д`)



では、レベル1はどうなのでしょうか。


レベル1は、予報に入り、「活火山であることに留意」といったレベル。


・この山は活火山で噴火の可能性もあることを忘れないで下さいね
・火口付近には近付かないでくださいね

といった程度なので、火口内に近づかなければ大丈夫かな、と、あまり危険を感じませんよね。



それでも噴火は起きてしまうんですからね。


はぁ~、自然は怖い。



噴火の予測は難しい?

自然現象はなかなか予測が難しいと言われますが、噴火の予測もやはりそうなのでしょうか。


この疑問に答えてくれるのがこちらの資料。

火山活動の予測 ― できて当然の火山・ハードルの高い火山 ―


この資料は、理学研究科の鍵山恒臣教授が講演会で語ったことをPDF化したものですが、火山噴火の予測はどんどん精度が高くなり、大惨事を未然に防ぐことに貢献することもある、というところまで発展しているということです。


火山噴火予知の技術そのものは、多くの火山で地震活動や地盤変動などの前兆現象を捉えることに成功しており、監視体制が整備された火山では、前兆現象をマグマの動きと関
連づけて理解できるまでになっている。例えば桜島では、傾斜計やひずみ計で微小な山の膨らみを検知でき、小規模噴火を 80%以上の確率で予知できるとされている。(引用




なるほど、過去の火山噴火について分析して兆候をつかむことがある程度できているということですね!



でも、その一方で噴火予測が難しい面もあります。


噴火には

1.マグマが噴出する「マグマ噴火」
2.マグマと火山ガスが一緒に噴出する「火山水蒸気噴火」
3.火山ガスだけが噴出する「水蒸気噴火」

と、いくつか種類があるんですね。


中でも予測が難しいと言われているのが水蒸気噴火。


なぜこの水蒸気噴火の予測が難しいのか
・マグマの上昇に関係なく発生する
・火山ガスが上昇して異常を察知しても噴火しないケースがある
・数千年もおとなしくしていて突然噴火する

といった、想定外の噴火があるからなんですね!


噴火と一口に言っても種類や発生のメカニズムが複雑なので、これが予測困難という面を作り出しているのかな。



もしかして、草津白根山噴火は、「予測が難しい噴火」に当てはまってるんじゃない?!


草津白根山の過去の噴火について調べてみるとびっくり。


水蒸気噴火を何度も繰り返していたんです!


○1882年 8月6日 水蒸気噴火(湯釜・涸釜)
○1897年 7月4日-8月 小規模水蒸気噴火(湯釜)
○1900年 10月1日 小規模水蒸気噴火
○1902年 7月-9月 水蒸気噴火(弓池付近)
○1905年 10月 小規模水蒸気噴火
○1925年 1月22日 水蒸気噴火
○1927年 12月31日 小規模水蒸気噴火
○1928年 1月29日~31日 小規模水蒸気噴火
○1932年 10月1日 水蒸気噴火
○1937年 11月、12月 小規模水蒸気噴火
○1939年 2月-5月 水蒸気噴火
○1942年 2月2日 小規模水蒸気噴火(割れ目)
○1958年 12月 小規模水蒸気噴火(湯釜)
○1976年 3月2日 小規模水蒸気噴火(水釜)
○1982年 10月26日 小規模水蒸気噴火(湯釜・涸釜)、12月29日 水蒸気噴火(湯釜)
○1983年 7月26日 小規模水蒸気噴火(湯釜)、11月13日 水蒸気噴火(湯釜)、12月21日 小規模水蒸気噴火(湯釜・涸釜)
※ウィキペディアを参考



たとえ小規模な噴火でも、活発に活動していたんですね。


ここ35年くらいはおとなしかったようだけど。



さらに、草津白根山が本格的に噴火したのは今から約3000年前!


ということは、
・水蒸気噴火だった
・何千年ぶりの噴火だった

ということが、予測が難しい噴火のタイプに当てはまります!


やっかいな噴火だったんだ。



おわりに

今回草津白根山で発生した噴火は、スキー場を直撃し、雪崩や噴石で死傷者を出しました。


前から噴火警報レベルは出ていたものの

・最近活動が活発でなかった
・水蒸気噴火
・観測が手薄な場所だった(主に観測されていたのは湯釜火口)
・前回の噴火は約3000年前のマグマ噴火

という、まさに予測不可能な状況が重なっていたといえます。


「不意打ち」とはよく言いましたね。

【草津白根山噴火】不意打ちの水蒸気噴火か 活動なく観測も手薄 - 産経ニュース【草津白根山噴火】不意打ちの水蒸気噴火か 活動なく観測も手薄 – 産経ニュース



火山噴火と言っても、ある程度予測できる場合とそうでない場合があり、今回の噴火は後者でした。


こういう場合、警報レベル1でも噴火する可能性があるということですよね。



活火山には近づかない方がいい、って簡単に言えるけど、山が好きだったりすると楽しみを奪われるようでつらいですね。


でも、命あっての物種、近づく山が活火山かどうか、噴火警報レベルはどうなっているのか、過去にどんな噴火や活動はあったのかは事前に調べておいたほうがよさそうです。




今回は、ということでした!



参考サイト:
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011298831000.html
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/305.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E6%B4%A5%E7%99%BD%E6%A0%B9%E5%B1%B1