霧島連山の噴火警戒レベルが2に引き上げられました。

このところ日本各地の火山の噴火警戒レベルが引き上げられているので、こういう話題にはかなり敏感になっています。



ああ~、また、火山の噴火警報レベルアップの話かぁ…


えっ、「急にマグマ噴火の可能性」もあるの?!

すごく心がざわつくなあ~。


霧島連山、噴火多いし。

大丈夫かなあ。


と、とても心配になってきたので
・霧島連山の現在の状況と、噴火警戒による影響
・今後噴火で懸念される影響

について、調べたことまとめてみましたよ~。



スポンサードリンク



霧島連山の噴火警戒レベルが2に引き上げられた

霧島連山は、宮城県と鹿児島県の県境にまたがる火山群。



出典
※クリックで拡大


霧島連山は、以前から活発に火山活動が観測され、最近では2011年に新燃岳で発生した、マグマ噴火が記憶に新しいですね。


今回噴火警戒レベルが引き上げられたのは、高千穂峰西側にある御鉢火口。

上の画像で言うと、向かって右側の、三角形にニョキッと飛び出てる山ですね。


御鉢が噴火警戒レベル2に引き上げられるまで

2018年2月9日 8時頃  霧島山(御鉢)で、火山性地震の増加が目立つ
       11時頃  合計19回の火山性地震を観測。その後も増加を続ける。
       14時40分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台が、霧島山(御鉢)火口周辺警報を発表。噴火警戒レベルが2に引上げられる。
       16時   観測された火山性地震が78回になる。


出典


霧島山(御鉢)では、本日(9日)08時頃から火山性地震が増加し、11時頃からさらに増加したことから、本日14時40分に霧島山(御鉢)に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引上げました。(引用:気象庁



噴火警戒レベル引き上げによる影響

御鉢の噴火警戒レベル2は「火口周辺規制」。


出典
※クリックで拡大


噴火警戒レベルが引き上げられたことで

・火口から1km以内の立入禁止
・高千穂峰の登山規制

となりました。


警報対象地域に入っている市町村は以下の通り。

県名 市町村名
宮城県 都城市、小林市、高松町
鹿児島県 霧島市



今後警戒される影響は?

気象庁は、今後御鉢で小規模な噴火が起こる可能性があるとしています。

噴火が起きた場合、現在規制されている火口から1kmの範囲では、隕石による被害が考えられるため、警戒を呼びかけています。



また、風の状態で、火山灰や小さな隕石が遠くまで飛ぶことも考えられ、ひょっとしたら警戒区域でなくても被害にあう可能性もありってこと?!

もしそうなったら、噴火警報レベルがさらに引き上げられますよね。


情報収集は欠かせそうにないな。


マグマ噴火の可能性?!

火山地理学を専門とする鹿児島大学の井村隆介准教授は、「(御鉢は)マグマ噴火に急変する可能性」を指摘しています。



出典

ふつう火山は水蒸気爆発から始まり、だんだん進行する。(過去の特徴をみると)御鉢は水蒸気爆発で始まるが、マグマ噴火に短時間で変わる。ふもとの家まで影響及ぶ噴火になるまで、少し時間かかると思うが、明治・大正時代は、高千穂峰の登山者が御鉢の噴火で亡くなった。
登山者が気づかない状況で、いきなり噴火するのが御鉢。異常は出ているので、それが噴火につながるかという段階。注意するだけでなく、次(マグマ噴火時)の行動も考えないといけない」(引用



状況が急変するのが御鉢の噴火の特徴とは。

草津白根山のように、まったく予期せず噴火、というシナリオもあり、ということなんですね。


といっても、噴火しても避難する時間があるということなので、今からパニックになる必要はなさそう。


普段から非常食など避難準備は整えておけば、万が一のとき迅速に行動できそうですね。



おわりに

今回噴火警報レベルが引き上げられたのは、霧島連山の御鉢でした。

今のところ噴火の可能性は「あるかも」といったレベルですが、規制が続いている間は、無茶しないでマメに情報収集するのが無難だと思います。

噴火警報レベル2でもその後噴火が発生したことが、御鉢には過去にあるので


出典
※クリックで拡大

楽観しすぎないほうが身のためかな。


それに、霧島連山は、火口だけでも20もあり、どこがいつ噴火してもおかしくない状態と言います。

新燃岳はいまだ噴火警報レベル3で入山規制が敷かれていますしね。


草津白根山のように、突然噴火もありそうなので、避難準備だけはしておこう!

と、強く思いました。



今回は、ということでした!






参考サイト:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00025999-houdouk-soci.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00027951-mbcnewsv-l46
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00027952-mbcnewsv-l46
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7%E5%B3%B6%E5%B1%B1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000053-asahi-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00050082-yom-sci
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020900925&g=keq
http://www.jma.go.jp/jma/press/1802/09c/ohachi180209.html
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/fukuoka/505_Kirishimayama/505_history.html