「朝日新聞購読やめた」のツイートで、一躍時の人となった長崎県平戸市の黒田成彦(なるひこ)市長。


黒田市長は、市長室で朝日新聞を読むことを打ち切りにするということでしたが、かなりの反響がありましたね。



私もついつい黒田市長ってどんな人?


なんて検索してしまったくらいですから^^;



これだけの反響があるのに、不思議だなと思うのは、朝日新聞が何も反応していないということ。



黒田市長はなぜ朝日新聞購読打ち切りを決めたのでしょうか。


そしてなぜ朝日新聞は黙ってる?



スポンサードリンク



黒田市長「誤報」

黒田市長が朝日新聞購読をやめようと決めたのは、朝日新聞による「誤報」がきっかけでした。


今回のツイートの決定的なきっかけとなったのが、小川榮太郎さんの「徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」を読んだことからだそうです。



それが今回のツイートにつながったわけですが、黒田市長は以前から朝日の誤報に対して批判的な立場を取っていたようです。


黒田市長は、今回のツイート以前にも、慰安婦問題や東京電力福島第一原発事故に関する誤報について、当時の朝日新聞社長、木村伊量氏の記者会見を受けて批判のツイートをしていたんですね。


メディアでありながら、大事な問題について誤報というのはジャーナリズムに反している気がします。


なぜ朝日新聞は反応しない?

黒田市長の言っていることは間違っていない、正論だからでしょうか。


朝日新聞は昔から事実を歪曲して伝えていると批判がありましたよね。


実際に過去に誤報もしている。


それに、購読側には「好きな新聞を読む」自由がある。


嘘の情報を流されて、鵜呑みにしたくないので、私も朝日新聞は避けたいです。



今回の黒田市長のツイートは、そんなふうに偏向報道に対する不信感を持っている人が多いというあらわれなのかもしれませんね。




参考サイト:
http://news.livedoor.com/article/detail/13986294/