注目されていた、NHK受信料の支払い義務。


最高裁が下したのは、受信料支払い義務は、憲法に違反していなく「合憲」ということでした。



この判決に対して、意見を主張していた弁護士団は、
「納得行かない」と、不満を露わにしていますし、ネット上でも「これはありえない」
という声が目立っています。



判決理由を聞くと、法からしたら妥当なのだろうけど、かなりの窮屈さを感じます。



スポンサードリンク



今回の判決の意味は?

この裁判は、受信料支払いを拒否した男性と、NHKとの間で起こりましたが、今回の判決で、男性はテレビを設置してからの受信料を支払うことになったのです。


受信料支払いが義務になったということは、必ず支払わなくちゃいけない、ということですよね。


判決では、契約にはNHKと消費者双方の合意が必要としていますが、消費者がもし契約を拒否したらNHKは個別に裁判を起こして勝訴する判決を確定させることが必要としています。


拒否したら裁判、これって強制的に契約しろ、って言っているようなものですよね?


しかも、NHKは、消費者がテレビを設置した時点に遡って受信料を請求できるということなので、テレビをつけたらNHKを見ようが見まいが関係なく受信料を支払う義務が生じる、ということです。


NHKが好きでよく見ているなら何も問題はありませんが、テレビを設置してもNHKを全く見ない人もいるわけです。


NHKは「公平負担」と言っていますが、NHKを見ない消費者からしてみればはあ~?
ってなりますよね。



NHKも見直したほうがいい

ここまで問題になるということは、放送法の規定もそうですが、「必ず受信しなくてはいけない」ということが、かなり時代遅れのような気がします。


テレビが登場し始めの頃は、チャンネル数も少なく、殆どの人がNHKを見ていただろうけど、今はTVチャンネルだけでもものすごい数がありますよね。


それだけ人々の生活は多様化しているわけですし、消費者側にも受信する・しないの自由を許してほしいですよね。


そして、これだけ受信料に関して不満を持っている人が多いということは、NHKがそれだけ満足した包装を提供できていないというメッセージなのかもしれません。


私はNHKをよく見るので受信料を支払うのは抵抗ありませんが、NHKはもう少しNHK受信料支払いに納得できないという人の声を聞いたほうがいいと思います。




参考サイト
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171206-00000098-nnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171206-00000036-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00007072-bengocom-soci