福田財務次官のセクハラ問題で、被害者とされるテレビ朝日の女性記者は誰か?!

テレビ朝日女性記者特定か


と言う疑問がでたけどあっという間に解決されてしまいました。


ネットでは、被害者のテレビ朝日女性記者の特定が終わって、誰だか画像まで出回っています。


その女性記者もそうですが、セクハラの事実を握りつぶしたとされる上司もついでに特定されてしまったようですよ。


その上司の人間関係をたどると、あらら。


やっぱりこういう人たちが絡んでいたのか、となります。


セクハラ問題は、女性記者を護るというよりも、安倍政権に打撃を与えようっていう意図の方が強いんじゃないかと思います!


それではまずは特定された女性記者と上司についてから。



スポンサードリンク



特定されたテレビ朝日女性記者は進優子記者

福田財務次官のセクハラ被害にあったとされるのは、テレビ朝日の進優子という女性記者。



テレビ朝日報道局経済部に所属する記者で、詳しいプロフィールは公開されていないようです。


テレビよりも現場で活動することが多いからかもしれませんね。


なぜ進記者が被害者であると特定されたのか、その根拠は3つあります。


1.民進党の定例会見で名前が出た

4月19日の民進党の定例会見で、質問時に記者が名前を挙げているんです。




ところが、上の動画にあるように、民進党がアップした動画では、「進優子」の名前がカットされています!




名前が出て慌ててカット。

「被害にあったテレビ朝日の女性記者は進優子」といっているようなものですよね。


こうやって音声をカットして編集しているのか。


こんなに簡単に音声が編集されてしまうなら、公開されている福田財務次官の音声も、自分たちの都合のいいように編集している感じがして信用なりませんよね。


2.「進優子」が消える

テレビ朝日の女性記者が進さんと特定されたあと、ネットではその情報が拡散されています。

それを知ってかどうかですが、「進優子」さんが出ているとみられる動画などが削除されているというのです。







すごい、仕事早い!


ここまでしたらもう特定じゃないですか…



3.進さん個人のツイッターも削除?

進さんは、個人でツイッターのアカウントを持っていたようです。





それがご覧のとおり、非公開になっていました。


もともと非公開だったのか、それとも騒動後に非公開になったのかはわかりませんが、アカウントはその後なくなったようで、検索すると、「このページが存在しません」という表示が出ました。


タイミングがタイミングだけに、「やっぱりこの人なんじゃないかな?」って思ってしまいます。




テレビ朝日の女性記者の上司は?

先日東京新聞の望月衣塑子記者が、こんなツイートを投稿しました。



上司が女性だったとは。


そして、進記者の上司で望月記者が尊敬する女性というのがテレビ朝日の経済部部長、松原文枝さん。


松原さんは1991年にテレビ朝日に入社、政治部の記者を経て、2000年から15年ほど「ニュースステーション」など報道番組の制作に携わっていました。

関連記事 | 経済広報センター:企業広報プラザ関連記事 | 経済広報センター:企業広報プラザ 


報道ステーションといえば、偏向報道などなにかと問題を提供する番組ですよね。


そういえばこんなこともありました。

古舘伊知郎はなぜ「報道ステーション」を辞めたのか? - NAVER まとめ古舘伊知郎はなぜ「報道ステーション」を辞めたのか? – NAVER まとめ 



松原さんは番組ディレクターやプロデューサーだったということですが、こんな情報もあります。















あ、そういえばありましたね、「I am not ABE」。


そして、松原さんは更迭前に、「独ワイマール憲法の教訓」を作っていました。



これがギャラクシー賞受賞につながった作品ですが、ヒトラー政権と現在の安倍政権を比べているところが偏向もろだしといった所。


松原さんがこれを作ったということで、彼女がどんな人なのか、なんとなくわかってきました。


少なくとも安倍政権のことを好意的には見ていないですね。



松原さんはその後テレビ朝日の経済部で部長になりました。


進さんはセクハラについて上司に相談したけれど、「報道は難しい」と取り合ってもらえなかったといいますね。

セクハラ疑惑:テレ朝社員、被害報道相談に上司対応せず - 毎日新聞セクハラ疑惑:テレ朝社員、被害報道相談に上司対応せず – 毎日新聞 


もしこれが本当だったら、女性が女性に対して「セクハラを我慢しろ」といっているようなものですよね。



相談した上司が女性だったというのには驚きですが、彼女の人間関係を見ると、今回の問題が浮上した背景が見えてくるんです!



夫は朝日新聞編集局長補佐

松原さんが上司として特定されたことで、彼女の夫の存在も注目を集めるようになりました。







夫は朝日新聞で、妻は安倍政権とヒトラー政権を比べる番組を作った番組プロデューサー(当時)。


バリバリの「安倍嫌い」カップルでした(汗)



おわりに

テレビ朝日は昔からハニートラップを仕掛けているようなところがありました。

ホリエモン、テレ朝は「女性記者を鉄砲玉みたいに都合よく使ってんのミエミエ」  - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)ホリエモン、テレ朝は「女性記者を鉄砲玉みたいに都合よく使ってんのミエミエ」 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ) 


週刊誌に持ち込まれた音声にも大きな疑問が残っています。





セクハラ問題がタイミングよく明らかになったこと
それを野党が利用して勢いづこうとしていること
テレビ朝日女性記者の背後に反安倍政権の人物がいること


これらを照らし合わせると、今回の騒動も安倍政権を倒す材料に過ぎないと思えて仕方ありません。


にしてもマスコミの偏向報道は醜いですね。


こうやって官邸や官僚を敵に回し、最後は国民をも敵に回すのではないでしょうか。


安倍政権の放送規制改革や憲法改正に反対しているマスコミですが、やり方が自分たちの首をどんどん締めていくことに気づけないかな。



今回は、ということでした!




参考サイト:
http://www.moeruasia.net/archives/49602279.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20180419/pol18041919010011-n1.html
http://hosyusokuhou.jp/archives/48814955.html
https://www.kkc.or.jp/plaza/magazine/201702_13.html?cid=3
https://mainichi.jp/articles/20180419/k00/00m/040/144000c
https://matome.naver.jp/odai/2141605697282906801
https://www.j-cast.com/2015/02/25228837.html?p=all