所得税増税のニュース。


「増税」と聞いただけで、「はあ~」とため息たでてしまいますよね。


増税するならサラリーも上げて!
と叫びたくなるところですが、すべての人が増税、というわけではなさそうです。


次の所得税増税でいくら以上の収入があると増税の対象になるのでしょうか。



スポンサードリンク



年収800万円以上の会社員が対象

今度の増税で対象になるのは年収800万円以上の会社員。

ただ、年収800万円でも
・22歳以下の子どもがいる
・介護世帯

は、増税の原則対象外となります。


税制改革では所得税控除が見直しされる予定です。

・基礎控除が38万円から48万円に増額される
・給与所得控除一律10万円減らす
・控除額の上限を減らす



ということで、一応800万円以上は対象になるとされていますが、例外はあるということですね。


そして
・年収1千万円以上の収入を得る人
・年収1千万円以上の年金受給者

といった高額所得者が対象になります。


なるほど、年金も収入になるのか。


給与所得控除を必要としない自営業やフリーランスの人は減税になるんですね~。


2018年の税制改革で、所得税改革案が提出され、2020年1月から実施することを目指しています。



増税されてしまえばそれで普通になってしまうのですが、上がる前というのがいろいろといやなきもちになるんですよね。


消費税も上がりますし、なんかな~、といった感じです。


払った税金が何か満足するくらい跳ね返ってくれれば納得もするんですけどねぇ。