日馬富士が貴ノ岩を暴行したと報道されてからしばらく経ちますが、未だにニュースを賑わせていますよね。


当初は日馬富士と貴ノ岩の2人だけと思っていたのが、同席していた力士、モンゴル力士、親方、相撲協会などを巻き込み、どんどん大きくなっている気がします。


中でも、暴行が起きたときに同席していた白鵬が実は黒幕では、という憶測が飛び交っていますよね。



白鵬のこれまでの言動を見ていると、「もしかして」と思わざるをえないのですが、白鵬が今回の暴行の黒幕かも?!



といわれるにはいくつか理由があるようです。


そのうちの有力と思ったもの3つをピックアップしてみました。



スポンサードリンク



貴ノ岩のアウトローさが気に入らない

貴ノ岩も白鵬もおなじモンゴル出身の力士。


各界には、モンゴル出身の力士も多く、いつのまにかモンゴル力士同士の会みたいなものができていたようです。


この会は、モンゴル力士同士の交流を目的としているようで、モンゴル出身力士たちは必然的に会に参加するようになっていたということです。


白鵬と貴ノ岩がモンゴル力士会に参加するのは別に不思議ではないことですが、貴ノ岩の親方、貴乃花親方は、他の部屋の力士と必要以上に親密になるのを良しとせず、貴ノ岩に参加を禁止していたという話もあります。


未だに根強い相撲の八百長も、モンゴル会で取り決められていたのでは、との見方もあり、白鵬は自分たちから距離をおいている貴ノ岩のことが面白くなかったというのも想像に固くありません。


“u”n•xŽm–\?sŽ–Œ?‚I—?‚E”’–Q g?•–‹?a h @?‰?e?Š‚A‹MƒmŠa‚E?•? ̄‚AŽ’”t‘j‚U‚e‚e bƒjƒtƒeƒBƒjƒ… [ƒX“u”n•xŽm–\?sŽ–Œ?‚I—?‚E”’–Q g?•–‹?a h @?‰?e?Š‚A‹MƒmŠa‚E?•? ̄‚AŽ’”t‘j‚U‚e‚e bƒjƒtƒeƒBƒjƒ… [ƒX


この記事が本当だったら、白鵬が貴ノ岩に対していい印象を持っていない可能性はありますよね。



同席していたのに止めに入っていない

日馬富士が貴ノ岩を暴行したときに、白鵬は止めに入っていません。

1,2発殴って終わり、といった程度のものではなかったわけですから、頭が割れるほど殴っていたとしたら、止めに入るのが普通ではないでしょうか。


それを見て見ぬふりをしたのか、見ていただけなのかはわかりませんが、もしかしたら意図的に暴行を容認していたのかもしれません。


横綱白鵬がモンゴル力士会の中でも力を持っていることは確か。


それは自分でも自負しているでしょうし、あえて止めなかったのは黒幕なのでは?!と疑われても仕方ありませんよね。



暴行の発端は白鵬の説教からだった

なんと、日馬富士が貴ノ岩を殴ったのは、白鵬がねちっこく貴ノ岩に説教をしていたから、という中間報告があったのです。

主犯は白鵬、日馬富士暴行は忖度 貴ノ岩への説教がすべての発端だった 貴乃花親方との遺恨もヒートアップ (夕刊フジ) - Yahoo!ニュース主犯は白鵬、日馬富士暴行は忖度 貴ノ岩への説教がすべての発端だった 貴乃花親方との遺恨もヒートアップ (夕刊フジ) – Yahoo!ニュース


やっぱり白鵬が何もかかわっていない、ということはなさそうですね。


言うことを聞かない貴ノ岩を痛い目に遭わせて教えてやろう、という気持ちがあったのでしょうか。


こうなると白鵬は黒幕とは言い切れませんが、グレーゾーンにはいることは間違いなさそうです。



先日の物言いといい、万歳三唱と言い、なんか白鵬は自分の思い通りにことを進ませたいという欲が出ているような気がします。


貴乃花親方が警察に任せたのは正解だと思います。


こちらとしては、真実が明らかになるといいと願うばかりですね。