何かとお騒がせの横綱・白鵬ですが、九州場所11日目、嘉風との取り組み後の「物言い」が問題になっています。

え、物言いって審判が言うんじゃないの?

白鵬が物言いしてしまったんですね、だから問題になっている(汗)

白鵬の物言いについて、youtubeに動画がいくつかすでにアップされているので、どんな様子だったのかわかると思いますが、実況中継していた藤井康生アナウンサーの実況が的を得ていてよかったです!

スポンサードリンク

白鵬の物言い(youtube)

寄り切りで嘉風の勝ちと行司が嘉風に軍配を上げました。

私もこれには問題ないと思います。

しかし問題だったのがやっぱり白鵬の立ち合い後の行動。

手を上げて自ら物言いしてますね!

しかもしばらく仁王立ち。

かなり緊迫した雰囲気が流れましたが、この状況を冷静に実況してくれたのが藤井アナでした。

「これはダメです」

白鵬が手を上げて物言いの態度を見せたときにすぐ「これはもう成立しています。」
と、あくまでも冷静な実況。

そして、「これはダメです」と、きっぱり一言。

私もそう思います!

行司の判断には問題あるとは思えませんし、白鵬がなぜ物言いするのかがよくわからない。

自分が勝ったと思う根拠はどこなのでしょうか?

藤井アナ:「こんなシーンは見たことありません。」

本当ですよね。

そしてこの先どうなるの?

どう収束されるのでしょうか。

場内はかなりざわついています。

「こんなことはあってはならないことです」

審判長も行司も黙ったまま。

ということは、立会は成立して、力士は勝負を認めなくてはいけないということ。

なのに白鵬は不服なようで、仁王立ちしています。

そのときに、あくまでも冷静に藤井アナは、「こんなことはあってはならないことです」と、実況していますが、まさにそうですよね。

藤井アナの冷静さと、正論に助けられたような気がします。

そして、白鵬の往生際の悪さが目立ちましたね。

日馬富士の件もあるので、白この件で白鵬のマイナスイメージがまた強まってしまった、といった感じです。