冬の雪道には、タイヤチェーンをつけてると安心ですが、運転中雪道ばかりではなく、雪が溶けた路面を走ることもありますよね。


ふと思ったのですが、タイヤチェーンをつけているとき、時速どのくらいまでなら出してもOKなのでしょうか?



普通の道路を走る時、スピードを出してしまいたくなるのですが、チェーンが切れてしまったら、ということを考えるとノロノロ走ってしまうんです。



あんまりノロノロしすぎると、後続車に迷惑がかかりますし、かえって危ないですよね。



タイヤチェーンを装着した時、時速何キロくらいで走ればいいのでしょうか。



スポンサードリンク



タイヤチェーン装着時は時速30km以下

雪道や凍結路面に強いチェーンですが、雪道以外の路面では切れやすく走りにくいという特徴を持っています。


車にチェーンを装着した時は時速30km以下が目安ということです。


時速50km以下でもまあまあ悪くはないですが、安全性やチェーンが切れたり壊れたりということを考えると、時速30kmが無難なんですね。



理想的なのは、雪道で装着してそうでない道路を走る時は外す、ということですが、それが難しい場合は時速30kmを超えないように走ったほうがよさそうですよ。


ちなみにバイアスロンなど非金属チェーンの場合は、装着したら時速50km以下で走るのが目安です。


いずれにしても、ゆっくりと走った方がいい、ということですね♪



タイヤチェーンをつけたとき、絶対してはいけないことは?

タイヤチェーンを装着しているときに避けたいことをいくつか。

1.スピードは出しすぎない
2.急ブレーキ
3.急発進
4.連続空転(空回し)


雪道の運転て、道路の状態などすべてが同じというわけではないので、タイヤチェーンををつけたり外したりするタイミングが難しいですよね。


タイヤチェーンが切れたときに備えて、部品を用意していたり、気になったらこまめに付け外しした方がいいと思います。





参考サイト:
http://www.aiweb.or.jp/tire/htm/winter2.htm
http://www.carmate.jp/biathlon/care/
https://www.kurumaerabi.com/car_mag/list/2926/